ニュース

欧州男子ドバイデューティーフリー アイルランドオープンbyロリーファウンデーションの最新ゴルフニュースをお届け

日本勢3人目の欧州ツアーVなるか 谷原秀人「本当に楽しい」

2017/07/09 06:38


◇欧州男子◇ドバイデューティーフリー アイルランドオープンbyロリーファウンデーション 3日目(8日)◇ポートスチュワートGC(北アイルランド)◇7004yd(パー72)

9アンダー8位からスタートした谷原秀人が7バーディ、1ボギーの「66」をマークし、通算15アンダーとして首位に2打差の4位タイに浮上した。今季から欧州ツアーメンバーとして世界をまたにかける38歳が、海外ツアー初勝利のチャンスをつかんだ。

鉛色の雲が吹き飛んだ青空の下、前日ベストスコアをマークした谷原がまた走り出した。打ち上げの第2打をピンそば1mにつけた序盤2番でバーディを先行させ、その後は4つのパー5で3バーディと、比較的距離の短い18ホールで確実にスコアを伸ばした。

「ロング(パー5)でバーディを取れたのが良かった」という一方で、中盤の踏ん張りも光った。10番で10mのバーディパットを最後のひと転がりで決めた後、11番ではフェアウェイからの第2打をグリーン奥のカート道までオーバーさせた。

ティからグリーンにかけて同じ方角を向く2つのホールで、同じ向かい風が吹いたはずだった。「10番は(2打目が)7Iで123ydしか飛んでいなかった。それで11番は139ydを6Iで軽く打ったら、あれですからね。なんじゃこりゃ…って」。ドロップした後の3打目は思うように傾斜を伝わず、カラーから4mを残したが、パターでこれをねじ込みパーセーブ。さらに続く12番では長いパットをショートさせた後、2mを沈めて再びボギーを回避した。

「きょうはグリーンが速かったなあ。ホールによってスピードがバラバラで、タッチが全然合わなかった」というコンディションをねじ伏せて好位置へ。プレーする国が毎週変わる欧州ツアーは、トラブルもつきものだ。今大会の練習日のこと、リンクスでのプレーを想定して5Wの代わりに使おうと考えていたロングアイアンが、ライ角を調整中に折れてしまった。「どっかから、適当なものを…」と会場で調達したピン社のモデルを慌ててテストし、実戦投入。「“即席”だよ。まだ(ショットが)曲がるから、全英までにシャフトを調整しないと」と笑いながら言う。

「こういう素晴らしい大会で、(松山)英樹も含めた良いメンツが出ている中での優勝争いが本当に楽しい」

欧州ツアーでの優勝となれば、1978年「コルゲート世界マッチプレー」、1983年に「欧州オープン」で2勝の青木功、昨年、米ツアーなども兼ねる世界選手権「WGC HSBCチャンピオンズ」を制した松山英樹以来、日本人史上3人目。1カ月半前の「BMW PGA選手権」では3位で惜敗も経験した。快挙はきっと、手の届くところにある。(北アイルランド・ロンドンデリー/桂川洋一)

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2017年 ドバイデューティーフリー アイルランドオープンbyロリーファウンデーション

距離測定器はピンまでを測るだけのツールじゃない!トップアマはニコンレーザー距離計「COOLSHOT AS」でゴルフ力を磨いていた!

距離測定器はピンまでを測るだけのツールじゃない!トップアマはニコンレーザー距離計「COOLSHOT AS」でゴルフ力を磨いていた!
「距離測定器を使うと感性が磨かれず、ゴルフが下手になる」と考えているゴルファーがいるが、トップアマの遠山さんは「ゴルフ力アップの強力なアイテムになる」と断言する。遠山さんに「COOLSHOT AS」を使いながら実際にプレーしてもらって使用のコツを聞いた。【今なら!GDOアマチュア選手権限定企画として1日程25名様限定で大会当日に「COOLSHOT AS」を無料貸出キャンペーン実施中!要事前予約】



特集

全米オープン
2019年のメジャー第4戦「全英オープン」は18日(木)に開幕する。
2019年上半期 最も読まれたトピックス記事ランキング
2019年上半期に最も読まれたトピックス記事をランキングにしました!

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。