ニュース

欧州男子ボルボゴルフチャンピオンズの最新ゴルフニュースをお届け

2011年 ボルボゴルフチャンピオンズ
期間:01/27〜01/30 場所:ザ・ロイヤルGC(バーレーン)

これで全米プロの悲劇は起こらない!欧州ツアーの特別ルール

今週、バーレーンにあるザ・ロイヤルGCで行われている欧州男子ツアー「ボルボゴルフチャンピオンズ」では、このコースに合わせた特別なローカルルールが設定されている。

写真は3番ホール脇にあるフェアウェイバンカーと、砂の荒地(waste sand areas)と呼ばれている部分を写したもの。なんとなく境目があるのは分かるが、競技の中でこの区分けを厳密にし、バンカーとそれ以外で適用されるルールを当てはめていくのは、相当な混乱が予想される。

<< 下に続く >>

そこで、欧州ツアーが下した決断は、今大会ではウォーターハザード内を除いて、すべての砂地を砂の荒地(waste sand areas)として扱い、バンカーではなく、スルー・ザ・グリーンとしてルールを適用するというものだった。

これにより、選手達は一見バンカーに見える場所でも(例え普段はバンカーであっても)、練習スイングをしたり、地面にソールしたり、またルースインペディメント(落ち葉等)を取り除いたりすることが可能となる。

欧州ツアーの競技委員長であるアンディ・マカフィー氏は、「2つの場所に適用されるルールが大きく異なるので、選手達に明確さを与える為にこの決断を下した。コースは素晴らしいが、砂漠とバンカーの境界があやふやなため、見た目にはとても魅力的だが、その定義について大きな問題が発生する可能性を秘めている」と説明した。

昨年の全米プロゴルフ選手権では、ダスティン・ジョンソンがバンカーと気付かずにクラブをついてペナルティを課せられ、また最近はテレビ視聴者の指摘によりホールアウト後に違反が発覚して失格処分になるという事態が続いている。今回の処置は、その両方に対処しうる賢明な判断と言えそうだ。

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2011年 ボルボゴルフチャンピオンズ




特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
やってみよう! フットゴルフナビ
サッカーとゴルフが融合した新スポーツ「フットゴルフ」の総合情報サイトです。広いゴルフ場でサッカーボールを蹴る爽快感を、ぜひ一度体感してみよう!

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!