ニュース

米国男子全英オープンの最新ゴルフニュースをお届け

2018年 全英オープン
期間:07/19〜07/22 カーヌスティ(スコットランド)

カーヌスティのコース記録保持者 フリートウッドの期待値

トミー・フリートウッドは、この木曜にひとたび「全英オープン」が始まってしまえば、彼自身の持っているカーヌスティのコースレコードは恐らく意味を持たないであろうことは承知しているが、それでも昨季の「レース・トゥ・ドバイ」王者はメジャー初制覇へ挑戦する準備は万端整っていると確信している。

フリートウッドは2017年の「アルフレッド・ダンヒル リンクス選手権」にて、このカーヌスティで見事「63」をマークした。しかし、当時の10月中旬のコンディションは、クラレットジャグの行方を決めるための今週の速く厳しいコース設定とは雲泥の差があった。

とは言え、シネコックヒルズでの最終日に猛チャージをかけ、「全米オープン」を連覇したブルックス・ケプカと1打差の2位になったこともあり、フリートウッドはメジャー初制覇へ自信を覗かせている。

「絶好調だったからね。『全米オープン』の直後に『全英オープン』があればと思った」とフリートウッド。「確かに勝てなかったし、(クラブハウスリーダーとして)座って待っているなか、あれだけの接戦になったのだから、ガッカリもしたよ」。

「でも、少し時間を置いて考えてみると、あそこまで惜しかったのだから、僕も首位で72ホールを終えることができる証明になったと思えた。1打差ということは、1ラウンドあたり1/4ショットだから、つまるところ、ほとんど差はないんだよね」。

「今週もまた、ゴルフの世界で最も大きな大会といっても過言ではない世界有数の舞台で、最高の選手たちと競うことになる。とても楽しみにしているよ」。

「僕に(優勝)できない理由なんてないんだ。過去に起こったことは本当に問題じゃないんだよ。自信を積み上げて、できることをすることが問題になるわけだ。結局のところ、僕はとにかくコースで良いショットを打って、パットを決めなければならないんだ」。

今週、すでにカーヌスティで練習ラウンドを回ったフリートウッドは、フェアウェイキープは難しくなるだろうと認めた。

「全く違うコースになっている。昨日プレーしたけれど、これだけ硬くて速くなっているのは見たことがないね。打ったショットと結果に関連性がないことが本当に多いんだ。今週はインプレーに留めて、フェアウェイを捉え、そこから打てるかどうかで難易度が大きく変わるのは間違いないね」。

「ここ数年、ここでプレーした経験が無駄になることはない。それに、コースレコードを持っていることも無駄にはならないけれど、通常僕らが(このコースで)対峙しているチャレンジとは完全に異質ものになっているね」。

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2018年 全英オープン




特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
プレジデンツカップ中継をGDOで連日無料放送 GOLFTV
GDOでは初日から最終日の4日間、試合開始から午前11時(日本時間)まで、GOLFTVによるライブ中継を無料で配信します。2年に1度の熱戦をお見逃しなく!

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。