ニュース

米国男子WGC キャデラック選手権の最新ゴルフニュースをお届け

2013年 WGC キャデラック選手権
期間:03/07〜03/10 場所:TPCブルーモンスターatドラール(フロリダ州)

状況の好転を期待するマキロイ

ロリー・マキロイは、今週マイアミで開催される「WGCキャデラック選手権」で笑顔を取り戻すことを楽しみにしている。

世界ランキングNo.1のマキロイは、先週の「ホンダクラシック」第2ラウンド中盤で棄権してしまった。その直後、マキロイはその理由として歯の痛みがあったことを発表したが、その症状は彼が認めた通り、棄権を強いるほどのものではなかった。

<< 下に続く >>

北アイルランド出身の彼は最近、悩んでいることがある。これまでのキャリアの中でも同じようなことはよくあったのだが、「ライダーカップ」での2年連続優勝、そしてレース・トゥ・ドバイと全米男子ツアーの賞金王に輝くと言う2つのメジャー王者となっているという輝かしい実績があるがゆえの悩みだ。

彼はこう語っている。「皆さんは、私があの惨憺たる状況の後にとった行動を見ていたことと思います。その後、十分に考える時間はあったのですが、直ぐにあれはすべきでなかったと気がつきました」。

「どんなに自分の調子が悪くても、そこに留まるべきでした。たとえ予選突破が難しいような状況でも、ベストスコアを出すようにトライすべきでした。歯のことはずっと気になっていましたが、プレーを中断するほどのことはなかったかもしれません。しかし、そうしてしまったんです。とても後悔しています。でも、もう過ぎてしまったことだし、そんなことは二度と起こらないと思っています」。

彼は先週からハードな練習を続けており、かの有名なトランプドラールのブルーモンスターコースでは報われることを望んでいる。

彼はこう言っている。「必死にこの4、5日間は練習してきました。本気でこれ(スイング)を良くしたいと思ってね。そしてまだ途中なんです」。

マキロイは笑顔を取り戻すことも決めているのだ。

「思い出せば、なんでゴルフを始めたのか・・・好きだからなんです。本当にそうなんです」と彼は語った。「コースへ出て、楽しまなければいけないんです。昨年と一緒のことです。デーブ・ストックトンには、こう言われたんです。『君が外に出ていくのを見たとき、笑顔が無かったんだ。もっと笑顔になるべきだよ』とね。そして笑顔でいることができれば精神面も安定しますしね。基本的に去年の夏にツアーを転戦しているときは、笑顔だったんです」。

「ゴルフを楽しみ始めれば、調子は良くなりますよ。そして、しばらくゴルフを楽しむことができていなかったんです。なぜなら、パットを打つ時にはそれは多くのプレッシャーを抱えていたので。今週はこの状況から抜け出して、エンジョイするつもりです」。

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2013年 WGC キャデラック選手権




特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
やってみよう! フットゴルフナビ
サッカーとゴルフが融合した新スポーツ「フットゴルフ」の総合情報サイトです。広いゴルフ場でサッカーボールを蹴る爽快感を、ぜひ一度体感してみよう!

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!