ニュース

欧州男子ロッコフォルテシチリアンオープンの最新ゴルフニュースをお届け

ラガーグレンがプレーオフ制して131戦目でツアー初V

ベルドゥラGCでプレーオフの末にミシェル・ロレンゾベラを下したヨアキム・ラガーグレンが「ロッコフォルテシチリアオープン」を制覇し、ヨーロピアンツアー初優勝を遂げた。

フランスのロレンゾベラを2打差で追う状況で日曜を迎えたスウェーデンのラガーグレンは、前半で4バーディを奪い、2打差の首位でハーフターンした。

ラガーグレンは後半を「36」で回り、ロレンゾベラの追随を許すも、プレーオフ1ホール目で第2打をピン側2.4mにつけてバーディを奪い、勝利をものにした。

この日「68」をマークしたラガーグレンは、「70」で最終日をラウンドしたロレンゾベラと並ぶ通算16アンダー。1打差の3位にはイングランドのアンディ・サリバン、そしてこの日のべストスコアタイとなる「63」をマークしたオーストラリアのルーカス・ハーバートが入った。

ヨーロピアンツアー出場131戦目で優勝を果たしたラガーグレンは「ずっとこの優勝を待っていた。今はとてもほっとしているし、とても満足している。この気持ちは言葉では表現できないね。この場へ辿り着くためにかなりハードに戦ってきた。とにかく素晴らしいね」と振り返った。

「何度も、わずかの差で優勝を逃してきたので、本当に初優勝を果たしたいと思ってきたし、その後も勝利を重ねる上で、この最初のステップを踏み越えなければと思ってきた。これは僕にとって大きな一歩だ」。

ロマン・ワッテルと組んだ前週の「ゴルフシックス」に続く2週連続の2位となったロレンゾベラは「なんて言えばいいんだい?彼は最後にバーディを奪い、僕には殆どチャンスはなかったんだ。今日はピンから遠い一日だったので、僕にとってはロースコアを出すのが難しかった。彼は僕よりも良くチャンスをものにしたね」と嘆いだ。

それでも「やれるだけのことはやったし、ベストを尽くした。彼の方が僕よりも良かったんだ。これからは、仕事を仕上げられるようになるよう、更に練習するだけさ」と勝者を称えた。

関連リンク

2018年 ロッコフォルテシチリアンオープン




特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
松山英樹や石川遼の活躍をiPhoneへお届け【GDOゴルフ速報アプリ】
松山英樹や石川遼の活躍で注目度が高まっている米PGAツアーや、国内男女ツアーなどの試合速報をいち早くあなたのスマートフォンへお届けします。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~