ニュース

欧州男子ゴルフシックスの最新ゴルフニュースをお届け

2018年 ゴルフシックス
期間:05/05〜05/06 センチュリオンクラブ(イングランド)

仲良しアイルランドコンビ 「ゴルフシックス」を初制覇

アイルランドが決勝でフランスを2-0で下して「ゴルフシックス」を制覇し、センチュリオンクラブでの素晴らしい2日間の有終の美を飾った。女子チームが加わるなど革新的な第2回大会に最後のワイルドカード枠で出場したポール・ダンギャビン・モイニハンは、輝かしいセントアルバンズでの2日間で敗戦を喫したのは6試合でわずか1回のみだった。

土曜日のグループリーグ3試合で、17ホール中12ホールでバーディ以上のスコアを記録した2人は、グループCを首位で突破すると、日曜はイングランド女子チーム、韓国、そしてフランスを撃破して優勝を遂げた。

アイルランドに唯一の黒星をつけていたミシェル・ロレンゾベラロマン・ワッテルのフランス人コンビだったが、決勝では2バーディを奪うも、勢いに乗るアイルランドに勝利することはできなかった。

モイニハンとダンは勝利を挙げた2015年の「ウォーカーカップ」で共にプレーをした経験を持っているが、その後、欧州ツアーの舞台へは異なる道程を経てたどり着いた。

ダンは昨季「英国マスターズ」を制覇し、先月の「スペインオープン」では2位に入っている。一方、モイニハンはこの勝利を今後の成功への跳躍台にしたいと願っている。

23歳のモイニハンは昨年Qスクールから昇格して以降、出場した欧州ツアー全8大会で予選落ちしており、チャレンジツアー2大会でも予選落ちを喫していたが、今回の勝利によりダンと20万ユーロを山分けすることになった。

アイルランドはイングランド女子チームに2-0で勝利して迎えた準決勝では、プレーオフホールでモイニハンがチップインバーディを奪って韓国を下した。一方、グループCをアイルランドに次ぐ2位で突破したフランスはイングランドを2-0、そして豪州を3-1で下して決勝へと駒を進めた。

「自分の名前の傍らにトリコロール(アイルランド国旗)があると、事は少しシリアスになるんだ」とダン。「僕らはアイルランドを代表して良いプレーができて満足しているし、素晴らしいトロフィーを獲得することができ、今季残りの大会へ向け弾みとなったね」。

「これは独特の大会で、特に長年の友人であるギャビンのようなパートナーと一緒にプレーし、このような成功を収めることができて良かった。僕らは今週ずっとソリッダなプレーをした。ギャビンは驚異的なアイアンショットを打っていたし、もちろん彼が韓国戦のプレーオフで決めたチップインは、僕らにとって最も重要な瞬間だった」。

一方、モイニハンは「僕らはお互いのゴルフを良く知っているし、共に心地良くプレーできた。大会へ臨むにあたり、僕らにはゲームプランがあったし、コース設定がそれに上手くはまったと思う。僕らは楽しんだよ。正直なところ、今回はプロ転向後、一番楽しい大会になった。素晴らしい数日間だった」と加えた。

6ホールのグリーンサムで行われるマッチプレーでは好スタートがなにより重要となるわけだが、決勝ではダンが1番でティショットをピンに絡めてバーディをお膳立てし、アイルランドが1-0と序盤で優位に立つ展開となった。

2番ではロレンソベラが7.5メートルのバーディパットをねじ込むも、ダンが3.6メートルのバーディパットを決めて応戦し、このホールをハーフとして1-0のリードを保った。

パー5の3番ではアイルランドが2オンに成功したのに対し、フランスはロレンソベラが2打目を右に外してトラブルを招くと、そこからグリーンオンに2打を要し、このホールをコンシードした。

パー5の3番ではアイルランドが2オンに成功したのに対し、フランスはロレンゾベラが2打目を右に外してトラブルを招くと、そこからグリーンオンに2打を要し、このホールをコンシードした。

ワッテルがクラッチパットを決めた4番は両チーム共にパーとし、5番でもワッテルはクラッチパットを決めたが、ダンも重要なパットを決めてこのホールをハーフとして勝利を決めた。

「とてもタフだった」とワッテル。「アイルランドを祝福するよ。僕らは昨日彼らに勝ったけれど、今日は駄目だった。マイクとプレーできて本当に楽しかった。ありがとうマイク」。

「2番でグリーンに向かって歩いていた僕は、振り返ってギャラリーの多さに気付いたんだ。あれだけ周りに人がいて、静粛にすることをお願いしなくても、(それだけ人がいることに気がつかないほど)集中できていたのは良かった。とにかく集中しなくてはならないんだ。何でも起こり得るからね。あれはとても良かった」とロレンソベラ。

3位決定戦ではイ・スミンワン・ジョンフンがタッグを組んだ韓国が2番、4番、そして5番でバーディを奪い、豪州を3-0で下した。

準々決勝ではサム・ブラゼルウェイド・オームスビーの豪州は2-0で欧州女子チームに勝利し、韓国は2-1でタイを下していた。

関連リンク

2018年 ゴルフシックス




特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
松山英樹や石川遼の活躍をiPhoneへお届け【GDOゴルフ速報アプリ】
松山英樹や石川遼の活躍で注目度が高まっている米PGAツアーや、国内男女ツアーなどの試合速報をいち早くあなたのスマートフォンへお届けします。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~