ニュース

欧州男子ISPSハンダ・ウェールズ・オープンの最新ゴルフニュースをお届け

2013年 ISPSハンダ・ウェールズ・オープン
期間:08/29〜09/01 場所:ケルティックマナー・リゾート

ボーディ、見事な“上がり3ホール”で戴冠

グリーン上で黄金のタッチを掴んだグレゴリー・ボーディ(フランス)は、息をのむ終盤のプレーでスコアを伸ばし「ISPSハンダ・ウェールズ・オープン」での優勝を飾った。

14番ホールを終え、昨日首位に立ったピーター・ユーラインと首位タイで並んでいたものの、最終盤の快進撃で見事に勝利を引き寄せた。

<< 下に続く >>

ボーディは、難しい50フィートのロングパットを沈めた16番でのバーディに続き、17番でも15フィートのパットを決めバーディとした。

そして迎えたパー5の18番も、ボーディにとっては妨げもなく30フィートのバーディパットを沈め、最終日のスコアを「67」として通算8アンダーで今大会を終えた。

「信じられないラウンドでした」と述べ、「最終3ホールで立て続けにバーディを奪うことができ、とてもハッピーです」。

「この素晴らしいコースで優勝できた事は、一生の思い出となるでしょう。これまで、このコースでは数々の素晴らしい瞬間がありました。18番ではライダーカップのことが頭に浮かびましたので、このトロフィーを勝ち取ったことを誇りに思います」。

ボーディの追い上げにより、最終日スタート時点の3打リードを生かせなかったユーラインは2位に甘んじることになった。

ユーラインにとって楽な日にならないであろう兆しは、序盤から見受けられた。

実際、24歳のユーラインは2番でバーディを奪って自信を深めたように見えたが、その後の2ホールは連続ボギーとした。ただし、3番でのボギーは45フィートのパットを沈めてダブルボギーを逃れたポジティブなものではあった。

その後はパーで凌ぎ、後半へ折り返すところでは通算6アンダーとしていた。

しかし、直後の10番をボギーとし、15番ではバーディを奪って一時的に首位へ返り咲きはしたが、その後はボーディが最終盤に見せた快進撃について行くことができなかった。

とはいえ、17番では素晴らしいタッチでバーディを奪うなど、ユーラインにも最後まで優勝の可能性はあった。しかしながら、ボーディの決定的とも言える終盤の3連続バーディに対し、ユーラインは最終ホールをボギーとしてしまった。

この勝利によりヨーロピアンツアー4勝目を飾ることになったボーディは、2番ホールでバンカーショットを直接カップインするイーグルを奪い、序盤に首位タイへ浮上することに成功。

6番では残り84ヤードからの寄せワンによるパーセーブに失敗し、一時は首位を明け渡したが、9番でのバーディで再びユーラインに並び首位に立った。

この後、ユーラインも必死に食い下がりはしたが、最後はボーディがしなやかに応戦し、勝利を掴んだ。

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2013年 ISPSハンダ・ウェールズ・オープン

ラムキングリップから、もちもち?グリップが登場!

ラムキングリップから、もちもち?グリップが登場!
ラムキングリップ人気のクロスラインから新グリップ登場!最新のグリップ性能を聞いてみました



特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
やってみよう! フットゴルフナビ
サッカーとゴルフが融合した新スポーツ「フットゴルフ」の総合情報サイトです。広いゴルフ場でサッカーボールを蹴る爽快感を、ぜひ一度体感してみよう!

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!