ニュース

欧州男子の最新ゴルフニュースをお届け

ライダーカップ選出レースの幕開け

2010年に欧州チームが歴史的な勝利を飾ったザ・ケルティックマナー・リゾートで、ISPS・ハンダ・ウェールズ・オープンが今週開催される。そしてここから、ポール・マギンリーが主将を務める欧州ライダーカップチームへの参加を争う競争が始まる。

グレーム・マクドウェルハンター・メイハンの最終シングルマッチで、マクドウェルが16番ホールで衝撃的なバーディパットを沈め、米国チームに残り2ホールで2打差をつけたあの瞬間は、つい3年前のことだ。

<< 下に続く >>

マクドウェルはその10分後に最後のだめ押し点を入れて欧州チームの勝利を決め、欧州チームはライダーカップを奪還した。ウェールズでの語り継がれる勝利に続き、欧州チームは2012年ライダーカップでも「メダイナの奇跡」と呼ぶべき大逆転優勝を遂げた。

13ヶ月後にスコットランドのグレンイーグルスホテルで行われるライダーカップでチームの一員となるため、欧州の全選手が最高のスタートを切るべく意気込んでいる。

マギンリーはウェールズに向かい、レースに臨む選手たちにルールを説明する予定だ。ヨーロピアンポイントリストから上位4名、ワールドポイントリストから上位5名の計9選手が自動的に選出され、残る3選手はマギンリーの推薦で決定する。

ポイントは、レース・トゥ・ドバイの公式大会で獲得した賞金1ユーロを1ポイントと計算し、欧州ツアーの正式メンバー全員に付与される。ISPS・ハンダ・ウェールズ・オープンを皮切りに、2014年8月31日の日曜日が最終日となる。一方のワールドポイントリストは、2013年8月26日から2014年8月31日に開催されるレース・トゥ・ドバイの大会までに稼いだ公式ワールドランキングポイントで決まる。

チームへの参戦権を巡る争いは間違いなくスリリングなものとなるだろう。マギンリーはこれからの12ヶ月で、自分のチームが徐々に作られていく過程を楽しみながら眺めるはずだ。
「(選出レースについて)キャプテンとしては、とても重要なこと。来年のグレンイーグルスへ出場するチームに誰が加わるのか、とても楽しみだ」とマギンリーは話した。

「チームに加わる可能性を秘めた才能ある選手は沢山いる。彼等が成長していく過程を見ることが楽しみだよ」。

「今の段階で、具体的な名前を出すのはフェアーじゃないと思う。ただ私が分かっているのは、いずれ選出に値する12選手が出揃い、彼等が来年9月に欧州チームがトロフィーを手放さないために全力を尽くしてくれるということだ」。

今週の話題の中心はライダー・カップの選出争いとなるだろうが、ISPS・ハンダ・ウェールズ・オープンという大会だけを見ても魅力的だ。優勝賞金180万ポンドを総勢29カ国の選手たちが争う国際的な大会である。

今週出場する選手たちは皆、昨年72ホール目でゴンザロ・フェルナンデスカスタノに1打差をつけて勝利したタイのトンチャイ・ジェイディの王冠を狙っている。

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク




特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
やってみよう! フットゴルフナビ
サッカーとゴルフが融合した新スポーツ「フットゴルフ」の総合情報サイトです。広いゴルフ場でサッカーボールを蹴る爽快感を、ぜひ一度体感してみよう!

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!