ニュース

欧州男子ユーラムバンクオープンの最新ゴルフニュースをお届け

2020年 ユーラムバンクオープン
期間:07/15〜07/18 場所:GCアダムスタル(オーストリア)

スタルターが「ユーラムバンクオープン」でツアー初制覇

4打差を逆転したジョエル・スタルターが、リチャード・マンセルに2打差をつけて「ユーラムバンクオープン」を制覇し、ヨーロピアンツアー初優勝を遂げた。

54ホール終了時点で首位に立ったロバン・スシオ・シエグリスを追う状況で最終日を出たフランスのスタルターは、同胞のシエグリスがGCアダムスタルのフロントナインを4オーバーとするなか、10番でこの日2つ目のバーディを奪って首位に立った。

<< 下に続く >>

スタルターは14番をボギーとして、最終組でラウンドしていたマンセルに並ばれたが、15番でバーディを奪って盛り返すと、上がり3ホールをパーで切り抜け、通算14アンダーとした。

「とてもタフな日でした。一日中雨が降っていた」とスタルター。「僕は、“よし、毎ショット、ベストを尽くして、天気やコンディションに対してイライラするのはやめよう。全員がタフなのだから”と考えた。ガールフレンドが僕のメンタルを正しい状態に保ってくれ、とにかく良いショットを打ち続けました。13番でリードしているのを知り、かなり驚きました。最終組に何が起こったのか知りませんでしたから、そこから少しナーバスになりました。最後までプッシュするよう心がけ、それをやり遂げることができたので、とても満足しています」

「14番はフェアウェイから残りは130yd。50度(のウェッジ)でソリッドなショットを打ち、自分の思う通りのショットが打てたが、グリーンをオーバーさせてしまった。あれはアドレナリンだと思う。寄せワンで上がれませんでしたが、あれは起爆剤になった」

「15番は素晴らしいバーディでした。グリーン手前からの難しいチップショットを30㎝に寄せたが、きょう一番のショット。あの瞬間は特別でした。プレッシャーにおしつぶされることなく、アグレッシブなプレーができることを証明できた」

先週の「オーストリアオープン」でツアーデビューを飾り、今大会がツアー2戦目となったマンセルは、オーストリアアルプスに降りしきる雨と格闘するなか、16番でボギーをただき、この日を1オーバーでラウンドしてスタルターに初優勝を譲った。

今週は婚約者のフローラさんがキャディを務めたため、この勝利はスタルターにとってさらに甘美なものとなった。「彼女にはかなり助けてもらい、1週間を通して僕を精神的に良い状態に保ってくれた」とスタルターは加えた。「きょうのような日は、大きな助けになった。この勝利は彼女抜きでは成しえなかった」

スタルターは9年前にGCアダムスタルで開催された「オーストリアアマチュア選手権」を制覇しており、ここで勝利の美酒を味わうのは、これが2度目。「2011年は米国の大学から帰ってきたところで、素晴らしい年ではなかったが、ここで開催されたオーストリアアマチュアを獲ることができ、軌道修正ができた」とスタルター。「その後、大学で大きな成果を収めることができた。9年後にまたここへ帰ってきて優勝できたのは、特別なこと」

「僕は(下部)チャレンジツアーのシード権を持っていたが、ヨーロピアンツアーの勝者になれた。これはプロ転向後、最大の夢でした。素晴らしい」

3位にはシエグリス、スウェーデンのクリストファー・ブロムストランド、そしてドイツのアレクサンダー・クナッペが入り、6位タイにはフランスのジュリアン・ブルン、南アフリカのギャリック・ヒッゴ、そしてオランダのユースト・ラウテンが入った。

来週のヨーロピアンツアーはニューカッスルのクローズハウスへと舞台を移し、6大会で構成されるUKスイング初戦の「ベットフレッドブリティッシュマスターズ」が開催される。

おすすめ記事通知を受け取る

2020年 ユーラムバンクオープン




特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
やってみよう! フットゴルフナビ
サッカーとゴルフが融合した新スポーツ「フットゴルフ」の総合情報サイトです。広いゴルフ場でサッカーボールを蹴る爽快感を、ぜひ一度体感してみよう!

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!