ニュース

欧州男子の最新ゴルフニュースをお届け

ヨーロピアンツアーデスティネーションコース紹介: エミレーツGC

2020/05/13 08:30

エミレーツGCは、ワールドクラスのゴルフコースで構成されるヨーロピアンツアーデスティネーションのひとつである。

同コースは世界有数のゴルフコースで、ヨーロピアンツアーにおいて長きにわたって中東で開催されてきた「オメガドバイデザートクラシック」の舞台である。

<< 下に続く >>

パー3のアカデミーコースであるファルドコースと、トーナメントを開催するフラッグシップコースであるマジリスコースの2コースで構成され、これまで「オメガドバイデザートクラシック」は31回中29大会が同コースで開催されている。

1988年開場のマジリスコースは全長7301yd、パー72のコースで、中東初の芝のコースとしてカール・リッテンにより設計された。コースの名称は、“出会いの場所”を意味するアラビア語に由来する。

「ここは中東で最も象徴的なコースです」とゴルフ管理部長のマシュー・ペリーは述べた。

ワールドクラスのゴルフ施設に加え、エミレーツGCにはローズリーフカフェやフランス地中海料理の名店であるカリーヌといった6種類のダイニングオプションが揃っているほか、ゲストがゴルフコース外でもくつろげるよう、テニス、パドルテニス、スカッシュ、フィットネスクラスといったスポーツアクティビティに加え、豪華スパも併設されている。

「オメガドバイデザートクラシック」開催コース

これまで「ドバイデザートクラシック」が29回開催されているエミレーツGCのマジリスコースは、タイガー・ウッズアーニー・エルスロリー・マキロイ、そしてスティーブン・ギャラハーといったエリートクラスの王者たちが複数回トロフィーを掲げた、この地域を代表する戦いの舞台となってきた。

とはいえ、このコースでの最も思い出深い場面はコリン・モンゴメリーのものであり、彼が優勝を遂げた1996年大会において、直ドラでグリーンオンした18番の2打目地点には記念碑が埋め込まれている。

かつての大会王者であるヘンリック・ステンソンは、彼がこのコースを好む重要なポイントとして、毎回同じプレーになることがないことを挙げている。

「僕がこのゴルフコースを特に気に入っている主な理由のひとつは、いつ来ても同じプレーにならないところだね」とステンソンは昨年このコースを評価した。「2つの9ホールは、その循環の仕方により、風向きが若干変わってくるし、ホールによっては、昨日は短かったのに今日は長くなっているみたいなこともあるし、その逆もあるんだ」

「パー5のホールでは、常に新しいルートを発見できるし、2日連続で同じプレーをするということはないんだ。ゆえに、このコースをプレーしていて退屈になることはないし、毎日同じようにプレーしていると感じることもないんだ」

ヨーロピアンツアーデスティネーションとは?

ヨーロピアンツアーデスティネーションとは、欧州、中東、アジア、そしてアフリカにあるワールドクラスのゴルフコースで構成される成長著しいネットワークである。各コースはヨーロピアンツアーと緊密な関係にあり、各地域を代表する格式高いゴルフ及びライフスタイルのリゾート施設となっている。

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク




特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!