ニュース

欧州男子BMW PGA選手権の最新ゴルフニュースをお届け

2019年 BMW PGA選手権
期間:09/19〜09/22 ウェントワースGC(イングランド)

ロリー・マキロイらウェントワースで注目の3人

ウェントワースクラブで開催される今季「ロレックスシリーズ」第4戦を前に、データの達人があらゆる数字を精査し、次の3人を注目選手としてピックアップした。

本命:ロリー・マキロイ

世界2位を差し置いて、一体誰から始めるべきだろうか。「オメガヨーロピアンマスターズ」で2位、そして米PGAツアーの「ツアー選手権」で優勝と、出場した直近の2試合で好成績を収めた北アイルランドのロリー・マキロイは、おそらく現在全世界で最も調子を上げているゴルファーであり、「全英オープン」での難儀な出だしを経験して以降、ロリーは波に乗っているといっても過言ではないだろう。

全英の初日「79」以降、30歳はワールドワイドで21ラウンドをこなしてその間の平均ストロークを「67.4」とし、合算スコアを通算67アンダーとしている。

また、マキロイは2014年にこの大会を制覇した元大会王者でもあり(その際は現「全英オープン」王者であるシェーン・ローリーに1打差をつけて勝利)、昨年は優勝したフランチェスコ・モリナリを追撃して2位に入るなど、改修後の西コースでも良いプレーができることを証明した。

とどのつまり、4度のメジャー王者を見て見ぬ振りはできないということだ。

対抗:ビクトル・ホブラン

ノルウェーの新星、ビクトル・ホブランは今週ウェントワースクラブで大会デビューを飾ることになるが、彼は目下絶好調である。

先週、米PGAツアーの「グリーンブライアー」で10位タイに入った21歳は、17ラウンド連続で70切りを達成し、18年間破られていない記録に並んだ。記録が始まった1983年以降、これまでこの記録を達成したのは彼以外ではボブ・エステスのみとなっている。

オスロ出身の若手選手は、直近7試合の通算スコアを驚愕の100アンダーとしており、この抜群の安定感を武器に、今年6月の「全米オープン」後にプロに転向して以降、公式世界ゴルフランキングを340位から101位まで押し上げたのである。

確かに彼のキャリアはまだ始まったばかりだが、我々には今週ホブランが素晴らしいパフォーマンスを見せて、うなぎ上りの評価を更に高める姿が見えるのである。

穴:ロス・フィッシャー

端的に言うと、ロス・フィッシャーは地元でのプレーが大好きなのである。

アスコット生まれのフィッシャーはウェントワースに良き思い出を持っており、ヨーロピアンツアー5勝の彼は、2009年に同コースで開催された「ボルボワールドマッチプレー選手権」を制覇してツアー3勝目を挙げた。

また、フィッシャーは近年、このサリー州のコースで好成績を収めており、ここ2年は連続してトップ10入りを果たしている。

最近、彼はベストの状態にあるわけではないが、今週はフィッシャー復調の可能性を除外すべきではないだろう。

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2019年 BMW PGA選手権




特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。