ニュース

欧州男子オメガ・ヨーロピアン・マスターズの最新ゴルフニュースをお届け

マキロイらスイスで注目の3人

2019/08/29 12:10

今週の欧州ツアー「オメガ・ヨーロピアン・マスターズ」はクランスシュルシエレGC(スイス)で開催される。1948年から続く歴史ある大会の注目の3人を紹介する。

本命: ロリー・マキロイ

ロリー・マキロイはプロとして優勝8カ国目へ向け、大会に臨むわけだが、最近の調子を考えると、それが実現したとしても何ら驚きではない。

先週まで振り返れば、全てがわかる。北アイルランドのマキロイは今季PGAツアー3勝をあげ、自身2度目のフェデックスカップ制覇を果たしたのである。

現在、キャリア最高の質を見せており、結果がそれを証明している。直近12戦で7度のトップ10入りを果たしており、予選落ちは2度のみ。

また、これも知っておくべき事実なのだが、この大会に過去3度出場し、その全てでトップ10入り。2008年には2位に入っている。

対抗: マシュー・フィッツパトリック

マシュー・フィッツパトリックは、前週「スカンジナビア招待」で今季3度目の2位。マキロイ同様に好調を維持して、今週を迎える。

しかしながら、今週の彼を必見にしているのは、彼とクランスシュルシエレGCとの相性の良さであろう。約1年前、このイングランド人選手はプレーオフのすえ、大会史上40年ぶり2人目の2連覇を遂げた。

スイスで見事なスタッツを並べている欧州ツアー5勝のフィッツパトリックは、同地でここ5年連続してトップ10入りしており、予選落ちは14年のわずか1度のみとなっている。

穴: ミゲル・アンヘル・ヒメネス

ミゲル・アンヘル・ヒメネスは現在、最も安定したシーズンを送っているわけではないが、欧州ツアー21勝の55歳は注目に値する。

01年以降、スイスアルプスで7度のトップ10入りを記録。同コースでの直近12ラウンドでは60台を6度たたき出し、平均スコアは69.01としている。10年には優勝も果たした。

昨年こそ、予選落ちしたものの、2日目には「66」をマークしており、昨今のシニアツアーにおける好調を考えると、やはり彼についてはここで触れておくべきだろう。今年で大会30回目の出場となる。

全長6848ydのクランスシュルシエレGCはツアーで3番目に短いコースであり、飛距離が大きく物を言う時代にあって、7000yd以下のコースはスペインのベテランに地の利をもたらすだろう。

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2019年 オメガ・ヨーロピアン・マスターズ




特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。