ニュース

欧州男子スカンジナビア招待の最新ゴルフニュースをお届け

スウェーデンで注目の3人

今週のヨーロピアンツアーは、「スカンジナビア招待」が開催されるスウェーデンへと移動。試合会場のヒルズG&SCで同大会が開催されるのは、今年で2年連続となる。次の3人を注目選手として選出した。

本命 ? アレックス・ノレン

アレックス・ノレンは優勝候補の一人として今週の大会に臨むことになる。

スウェーデンのノレンは、「全英オープン」と「WGCフェデックスセントジュード招待」でトップ15入りし、ここ最近はベストの状態に近づいていることを見せてきた。

また、「スカンジナビア招待」でセンセーショナルな成績を残している。37歳は出場した直近の6回全てで15位以内に入っており、2011年と15年に大会を制覇している。

対抗 ? アンドレ・パバン

今年ヨーロピアンツアーで安定したシーズンを送っているイタリアのアンドレ・パバンは、6月「BMWインターナショナルオープン」優勝、果敢なプレーでタイトル防衛に臨んだ前週の「D+Dレアル チェコマスターズ」(3位)を含め、直近の欧州ツアー6大会でトップ5に3度入っている。

今週のフィールドでラウンド毎のストローク・ゲインドで5位にランクされており、「メイド・イン・デンマーク」以降、18ホールにつき平均1.5ストロークを稼いでいる。

これに加え、ヒルズG&SCに良い思い出を持っており、昨年は最終日に「64」をマークしてリーダーボードを駆け上がり、6位に入った実績を持っている。

穴 ? ロバート・カールソン

ロバート・カールソンは直近の6大会で2回しか予選通過を果たしていないが、ヨーロピアンツアー11勝のベテランは、これまで快適な母国で地の利を活かし、スウェーデンでは定期的に好成績を挙げてきた。

この大会で優勝こそ果たしていないものの、49歳は過去25回の出場で8度のトップ10入りを果たしている。

大会史上、カールソンより多くのバーディ(223)を奪った選手はおらず、かつてのヨーロピアンツアーナンバーワンは、これまでこの母国の大会で990ホールをプレーし、大会歴代3位となる通算39アンダーとしている。

昨年、この大会で4日間を「67」「71」「68」「68」でプレー、17位とまずまずの成績を収めた。前週の「D+Dレアル チェコマスターズ」では優勝が狙える位置で最終日を迎えたものの、最終ラウンドを「73」として、10位で大会を後にしている。

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2019年 スカンジナビア招待




特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。