ニュース

米国シニアマスターカード日本選手権の最新ゴルフニュースをお届け

元メジャーリーグ投手の長谷川滋利がプロテストに挑戦

2019/06/07 19:52


◇米国シニア◇マスターカード日本選手権 初日(7日)◇成田ゴルフ倶楽部(千葉県)◇7151yd(パー72)

元メジャーリーグ投手で50歳の長谷川滋利が「アメリカでも、日本でもやりたい。プロの資格がないと何もできないので」と、日本プロゴルフ協会の第1次プロテスト(6月11日~、三重県・白山ヴィレッジゴルフコース キングコース)に挑戦することを明言した。

「プロ野球に入って、みんなやるので」と23歳の時にゴルフを始め、当時は「『160』ぐらい打って、こんなの面白くないと思った」と笑った。そんな長谷川は「7年前から真剣に(ゴルフを)やり始めて、どうせやるなら競技をやろう、と『全米アマ』や『全米ミッドアマ』にも出るようになった。2年前の『全米アマ』の予選に通ってから真剣に(プロの道を)考え始めた」という。

主催者推薦で出場した今大会の初日は「81」。9オーバーで68選手中67位。「なにか地に足がつかない感じだった」と前半は6番でトリプルボギーをたたいたが、後半は1バーディ、2ボギーの「37」でプレー。一歩ずつ経験値を高めようと模索する日々だ。

「野球をやめて、この歳で緊張して寝られないような経験を…(昨日は7時間寝たが)そういう緊張感にいるのが好きです。メジャーリーグをやめるとき、いらないって思っていたけど、ゴルフでもう一回緊張することができて今めっちゃ幸せ」。元メジャーリーガーの顔は今も闘志に満ち溢れていた。(千葉県成田市/石井操)

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2019年 マスターカード日本選手権




特集SPECIAL

松山英樹や石川遼の活躍をiPhoneへお届け【GDOゴルフ速報アプリ】
松山英樹や石川遼の活躍で注目度が高まっている米PGAツアーや、国内男女ツアーなどの試合速報をいち早くあなたのスマートフォンへお届けします。
世界の一流選手のスイングをハイスピード動画でスロー再生。特定選手のスイングを正面・後方からじっくり研究したり、他の選手と比較してみるなど楽しみ方は色々。まずはとくとご覧あれ!

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!