ニュース

アジアンの最新ゴルフニュースをお届け

海外動向:キム、関藤、ピチャイクール…栄光に挑む若者たち/アジアンツアー公式

7月13日:10代旋風を巻き起こしている韓国のキム・ジュヒョンが、日曜日(12日)に韓国ツアー「クンサン・カントリークラブオープン」を制し、その才能を証明し続けている。

この優勝は18歳のキムにとって初の母国優勝で、アジアンツアー1勝の彼にとっては、国内で一週間前にプレーオフで惜敗した傷をいやす素晴らしい勝利となった。

<< 下に続く >>

キムは最終日を2アンダー「69」で終え、優勝スコアは通算16アンダー「268」。KPGA(韓国プロゴルフ協会)における最年少優勝記録を樹立した。

キムは2019年にアジア下部ツアー(ADT)で3勝を挙げて、アジアンツアー昇格を果たすと、同年11月にインドで、17歳149日という史上2番目の年少記録でアジアンツアー初勝利を飾っている。

「ほんとうに韓国で勝ちたかったし、KPGAで最年少優勝記録を作れたのは僕にとって大きな意味があります。前週にプレーオフ負けしたことで、さらに一生懸命努力するようになりました。今週は失敗を繰り返さなかったので嬉しいです」

「きょうは自分にプレッシャーを掛けすぎないように注意しました。ボギースタートはダメだったけど、3バーディを取り返せたので良かった。最後までやるべきことをやり切れて嬉しいし、韓国でもっとたくさん勝ちたいと思う」とキムは語った。

今年初めの「香港オープン」と「バンダル・マレーシアオープン」で2度のトップ10入りを果たしている日本の関藤直熙も、JGTOの「ゴルフパートナーエキシビショントーナメント」で母国優勝を成し遂げた。初日「65」、2日目「61」をマークした22歳は、同胞の和田章太郎に2打差をつけて勝利を飾った。

アジアンツアーQスクール突破組のタイの20歳、タナパット・ピチャイクールは、ロッブリー(タイ)で行われた54ホール競技「トンチャイ・ジェイディーファンデーション2020」最終日に、大ベテランのタワン・ウィラチャンと互角の戦いを繰り広げたが、上がり3ホールで2ボギーをたたいて2位に終わった。

遠くアメリカでは、2014年のアジアンツアー賞金王である韓国系アメリカ人、デービッド・リプスキーが下部コーン・フェリーツアー「TPCサンアントニオチャレンジ」で初勝利を飾った。リプスキーは土曜日にコースレコード「62」をマークして54ホール終了時点で首位に立つと、最終日は「66」で2位のテイラー・ペンドリスに4打差をつけて勝利した。

アジアンツアー4勝を誇るアメリカのジョン・キャトリンは一方で、コロナウイルスの感染拡大による中断を挟んで4カ月ぶりに再開した欧州ツアー「オーストリアオープン」の最終日を「69」で回り、8位タイに入っている。

おすすめ記事通知を受け取る

ASIAN TOUR
情報提供:ASIAN TOUR

関連リンク




特集

世界の一流選手のスイングをハイスピード動画でスロー再生。特定選手のスイングを正面・後方からじっくり研究したり、他の選手と比較してみるなど楽しみ方は色々。まずはとくとご覧あれ!
2020年 全米プロゴルフ選手権
2020年「全米オープン」は6日(木)に開幕する。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!