ニュース

アジアンタイランドゴルフ選手権の最新ゴルフニュースをお届け

2014年 タイランドゴルフ選手権
期間:12/11〜12/14 場所:アマタスプリングCC(タイ)

小田孔明 今年の漢字は「王」?それとも…

タイ・アマタスプリングCCで行われたアジアンツアー「タイランドゴルフ選手権」最終日、3バーディ、5ボギーの「74」で回った小田孔明は、通算9オーバーで50位タイフィニッシュ。「こんな感じ。ダメ、バテた」と苦笑いで汗をぬぐった。

インスタートの最終日、最終9番をバーディで締めたのが、賞金王としての意地だった。「後半は足のコントロールがきかなくて自分のショットができなかった。でも、最後だけは振りましたよ(笑)」。

<< 下に続く >>

前週の「ゴルフ日本シリーズJTカップ」まで賞金王争いを戦い抜き、「(あれで)終わって、ただやっているだけという感じはあった。1打1打に集中できなかった」という反省はある。だが、初の賞金王まで上り詰めた激闘を振り返れば、責めることはできないだろう。

今週はバッバ・ワトソンマルティン・カイマーらと同組でラウンドし「こういう感じというのは分かった」と世界トップの刺激を受けた。「意外にアジアは楽しかった。来て良かった」。目指すべき、さらなる高みのイメージを垣間見られたのが収穫だ。

年末にイベント等が控えているとはいえ、今シーズンのゴルフはこれで終了。「1年間よく戦った。とりあえずゆっくり休みたい」と、ようやくオフモードになった賞金王。1年間を漢字一文字で表すと?の問いには「“王”と言いたいところだけど、今は“疲”?まあ、ちょっと余計なのがついた“玉(ぎょく)”くらいかな」と、最後は豪快に笑い飛ばした。(タイ・チョンブリ/今岡涼太)

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2014年 タイランドゴルフ選手権




特集

世界の一流選手のスイングをハイスピード動画でスロー再生。特定選手のスイングを正面・後方からじっくり研究したり、他の選手と比較してみるなど楽しみ方は色々。まずはとくとご覧あれ!
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!