ニュース

国内、アメリカ、ヨーロッパの最新ゴルフニュースが満載!

トランプ大統領保有のゴルフ場が23文字の落書き被害

2017/03/15 17:10

ドナルド・トランプ米大統領が保有する、カリフォルニア州ランチョパロスベルデスのトランプナショナルGCに環境活動家を名乗るグループが侵入し、芝生の一部を傷つけたと米紙ワシントンポストが伝えた。

同紙によれば、犯行の一部始終を撮影した動画が送りつけられたという。事件は12日未明、数人が同ゴルフ場内に侵入し、グリーン上に1文字約180cm四方の文字を彫り、“NO MORE TIGERS NO MORE WOODS”と記した。

ロサンゼルス郡保安局は、米環境保護局(EPA)に対する予算削減といったトランプ政権の環境軽視に対する抗議という見方を強めて調査に乗り出した。この事件に対し、コースや、トランプ・オーガニゼーションのニューヨーク本部はコメントしていない。

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク




今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。