ニュース

国内、アメリカ、ヨーロッパの最新ゴルフニュースが満載!

豪州のムルダカがマスターズ出場!堀川が2位で全英予選会へ/アジアパシフィックアマ最終日

オーストラリアのメルボルンGCで開催された「アジアパシフィックアマチュア選手権」最終日。後続に8打差をつけ独走していた地元オーストラリアの19歳アントニオ・ムルダカが、3バーディ2ボギーの「71」で回り、13アンダーとして余裕の逃げ切りで、2015年「マスターズ」への切符を手にした。

通算6アンダーの単独2位に堀川未来夢(日大4年)。3アンダー5位タイから出ると、4バーディ1ボギーの「69」と3つスコアを伸ばし、通算6アンダーとした。ムルダカと堀川は、来年の海外メジャー第3戦「全英オープン」の出場権を争うアジア地区最終予選会を兼ねた12月のアジアンツアー「タイランド選手権」の参戦が決定。有資格者を除く上位4人に入ると、2015年セントアンドリュース大会のチケットを手にできる。

<< 下に続く >>

ほかの日本勢では、小浦和也(専修大4年)が2つスコアを伸ばし、通算1アンダーの8位タイ、佐藤大平(東北福祉大3年)は通算イーブンパーの12位タイで大会を終えた。

小西健太(東北福祉大2年)は1ストローク落とし、通算2オーバー17位タイ。昨年2位だった長谷川祥平(大阪学院大3年)はスコアを伸ばせず、通算9オーバー33位タイにとどまった。エリック杉本(南カリフォルニア大4年)は通算15オーバー47位タイだった。

【主な成績】
優勝/-13/A.ムルダカ(オーストラリア)
2/-6/堀川未来夢
3/-5/トッド・シノット(オーストラリア)
4/-3/ライアン・ラッフェルズ(オーストラリア)
8T/-1/小浦和也
12T/0/佐藤大平
17T/+2/小西健太
33T/+9/長谷川祥平
47T/+15/エリック杉本

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク




今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!