ニュース

国内、アメリカ、ヨーロッパの最新ゴルフニュースが満載!

「もっと勝ちたい!」17歳A.ジュタナガンがプロ初勝利

「ハッサンIIトロフィー」の舞台、ゴルフ・ドゥ・パレロワイヤルに隣接するコース、ゴルフ・ドゥ・オーシャンで開催された欧州女子ツアー「ラーラ・メリヤムカップ」で、同ツアーを主戦場とするタイのアリヤ・ジュタナガンがプロ初勝利を飾った。

17歳、バンコク出身のジュタナガン。今年の米国女子ツアー第2戦「ホンダ LPGAタイランド」最終日、2打のリードをつけて単独首位で最終ホールを迎えながら、トリプルボギーを叩いて初のタイトルを逃したのは記憶に新しい。続くシンガポールで開催された「HSBC女子チャンピオン」では単独4位でフィニッシュするなど、世界ランク2位のチェ・ナヨン(韓国)も称賛するほどの若手実力選手だ。

予選ラウンド2日間でいずれも60台をマークし首位に立ったジュタナガンだったが、3日目を終え、チャーリー・ハル(イングランド)に1打の逆転を許してしまう。迎えた最終日、序盤から3連続バーディを奪う猛攻で形勢逆転。前半に2つのボギーで足踏みするハルを横目に首位の座を奪還すると、中盤にもバーディを重ねて後続を引き離した。

終盤にさしかかった15番(パー5)では、ティショットをフェアウェイ左のブッシュに入れてダブルボギーとし、ジュタナガンに迫るベス・アレン(米国)との差は1打に肉薄。「後続に1打差と迫られてドキドキしました。この前のミスを思い出して少し緊張もしましたね」と悪夢が蘇るも、17番では約3メートルのバーディパットをしっかりと沈めてバーディを奪い、結果、後続に3打差をつけ、逃げ切り優勝を飾った。

試合後には「昨日はパッティングの調子が良くなかったのですが、今日のフロントナインでの好調なパットで自信を取り戻せました」と過去を払拭して得た初優勝の喜び以上に、この日のプレーの充実感に浸った。この優勝により、4万8750ユーロ(およそ585万円)を獲得したジュタナガン。インタビューでその使い道を質問されると、「すべてお父さんにプレゼントします。これからも欧州女子ツアーでプレーし続けて、もっと勝ちたいです」と、17歳の少女は無邪気な笑顔を見せていた。(モロッコ・アガディール/糸井順子)

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク




今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。