ニュース

最新ゴルフニュースをお届け

週末のトーナメント総括

◇WGC(世界ゴルフ選手権)第3弾「AMEX選手権」

大会初日にタイガー・ウッズは、開催コースのマウントジュリエットについて「この規模の大会には易しすぎる」と記者団に語っていた。そしてその言葉の通り、最終日には26アンダーにまでスコアを伸ばし、猛チャージをかけてきたグーセンに2打差のリードをつけた。さらにリー・トレビノ以来、28年ぶりの「72ホールノーボギー」にあと1ホールにまで迫ったタイガーのパフォーマンスが、その言葉を裏付けていた。結局、72ホール目の2打目で、アドレスに入っていた真横でシャッターが切られ、その無礼な行為に激怒したタイガーはボギーを叩いてしまい、快挙達成はならなかった。

タイガー・ウッズ
「18番の2打目で最悪なことが起きた。この4日間で最も重要なショットを打とうとしているときに、集中力が吹っ飛ぶようなことをされた。怒りが収まらなくて、結局集中力も取り戻せぬまま打ったショットはひどいものだった。なんとか3打目でパーセーブの機会を作れたけど、パットもひどいものとなってしまった」

最後のパーパットが入らず、4日間で唯一のボギーを最後に出してしまったタイガー。しかし過去12回のWGC参戦で6度目の勝利を完全優勝で飾った。

◇米国男子ツアー「タンパベイクラシック」

今週は米ツアーでも完全優勝が達成された。ツアー2勝目を、2位以下に7打差をつけた飾ったのは崔京周。この優勝で賞金ランキングも31位から17位へ浮上。これでシーズン末のツアー選手権への参戦権も、ほぼ手中に収めたといえよう。

記事提供元: ゴルフセントラル(C)ザ・ゴルフ・チャンネル


今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~