ニュース

国内、アメリカ、ヨーロッパの最新ゴルフニュースが満載!

2008年 ギンオープン
期間:04/17〜04/20 ギンReunionリゾート&クラブ(フロリダ州)

桃子はパットが不調、1オーバーで32位へ後退

快晴、無風と3日間で一番暑くなった「ギンオープン」の3日目。上田桃子は1バーディ2ボギー。スコアを1つ落とし、トータル2アンダー。前日の22位から32位へと後退した。

この日、上田はパットが不調。1番で1mのパーパットを外し、3パットのボギーとしてしまう。上田も、「イライラするラウンドだった。パターが1つも入らなかった。こういう日もあると言い聞かせラウンドした」と語るように、この日は我慢のゴルフ。この後はパーでしのぐと、9番ではグリーン右奥のラフから2mに寄せて、ようやくバーディ。後半に期待をつなげた。

しかし、体や精神的な疲れのせいか、後半に入っても元気のなさが感じられ、10番から16番まで連続パー。17番では手前右カラーから1m弱に寄せ、絶好のバーディチャンスを迎えたが、これを決めきることができない。逆に、最終18番ではグリーン左のバンカーに打ち込み、3mのパーパットもカップに蹴られボギー。この日はオーバーパーとなってしまった。

「17番と18番は悔いが残ります。もったいないホールが多すぎた。1番のパーパットからパッティングがよくなかった」。また、アイアンについても、「ショットもそんなに良くない。すべてが良くないとスコアにするのが難しい。チャンスも入らなかったし、ツイていなかった」と振り返った。

「ストレスを明日にぶつけたい。パターを練習してたくさんバーディを取れるようにがんばりたい。上が離れているので目指すはトップ10。集中してやっていきたい」と語った上田。最終日は同じスコアの宮里藍と同組。2人の巻き返しを期待したい。

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2008年 ギンオープン




今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。