ニュース

国内、アメリカ、ヨーロッパの最新ゴルフニュースが満載!

タイガー・ウッズが現在どんな状態なのか、コーチのハンク・ヘイニーが語る

6月に膝の手術を受けたタイガーは数週間後、2009年に入るまでクラブは手にしないと話していました。ところが先週、タイガーのコーチ、ハンク・ヘイニーは、タイガーはまもなくチッピングとパッティングの練習を再開できるだろうとコメント。そんなヘイニーに、今回の膝の手術のあと、タイガーのスイングは変わるのか、また二人の間でどれくらいゴルフの話をしているかを尋ねてみました。

ハンク・ヘイニー
「タイガーは常にスイングのことを考え、スイングのことを話題にしています。そして自分がどんなショットを打ちたいのかをよくイメージしています。今、実戦練習はできないので仕方ありませんが、ツアーに戻って来たら今まで以上に強いタイガーになることがゴールです。カムバックの時期は、リハビリ次第ですね。現在すべてが順調なようですが、膝のためにも、焦りは禁物です。

前十字靭帯手術後のリハビリは長期にわたります。タイガーは、リハビリは順調で膝の具合もいいと言っていますが、カムバックがいつになるのかは、私もわかりません。多くの人が、タイガーの膝の状態についてさまざまな憶測をし、スイングが変わるのではないかと噂しているようですが、タイガーは、常にスイングを向上させるために調整を行っています。

タイガーの膝が安定し、筋力も満足できるところまで戻り、練習を行えるようになってから、はじめてスイングの比較ができると思います。比較を好むタイガーですが、私達はスイングが少しでも良くなるように常に微妙な調整を行っています。それがタイガーであり、彼の考えですからそれが変わることはありません。膝のせいでスイング全体を変える必要はないと思っています。」

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク




今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。