ニュース

米国女子KPMG女子PGA選手権の最新ゴルフニュースをお届け

2018年 KPMG女子PGA選手権
期間:06/28〜07/01 場所:ケンパーレイクGC(イリノイ州)

畑岡奈紗がメジャーで10位発進 首位はパク・ソンヒョン

◇海外女子メジャー第3戦◇KPMG女子PGA選手権 初日(28日)◇ケンパーレイクGC(イリノイ州)◇6741yd(パー72)

女子プロゴルファーの頂点を決めるメジャー戦で首位スタートを切ったのは、世界ランキング6位につける韓国のパク・ソンヒョン。6バーディ、ボギーなしの6アンダー「66」とし、混戦の首位争いを一歩リードした。

5アンダーの2位に、2016年覇者のブルック・ヘンダーソン(カナダ)、ブリタニー・オルトメア、ジェイ・マリー・グリーンジェシカ・コルダの4人が続いた。

前週の「ウォルマート NW アーカンソー選手権」で米ツアー初優勝を飾り大舞台に乗り込んだ畑岡奈紗は、6バーディ、3ボギーの「69」をマーク。首位と3打差の3アンダー10位とし、メジャー初日を上位で滑り出した。

上原彩子はイーブンパーの51位。中盤まで好位置につけていたが、上がり3ホールを連続ボギーとして失速した。横峯さくらは1オーバーの71位、野村敏京は3オーバーの108位と出遅れた。

<上位の成績>
1/-6/パク・ソンヒョン
2T/-5/ブルック・ヘンダーソン、ブリタニー・オルトメア、ジェイ・マリー・グリーンジェシカ・コルダ
6T/-4/リン・シユモリヤ・ジュタヌガンチャーリー・ハルレティシア・ベック
10T/-3/畑岡奈紗ユ・ソヨンミンジー・リー ほか

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2018年 KPMG女子PGA選手権




特集SPECIAL

これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!4月のマンスリーゲストには三ヶ島かなプロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!