ニュース

米国女子マラソンクラシック by オーウェンスコーニングand O-Iの最新ゴルフニュースをお届け

野村敏京が44位で決勝へ 横峯、上原、宮里は予選落ち

◇米国女子◇マラソンクラシック by オーウェンスコーニングand O-I 2日目(13日)◇ハイランドメドウズGC(オハイオ州)◇6476yd(パー71)

ブルック・ヘンダーソン(カナダ)とカロリーネ・ヘドバル(スウェーデン)が、通算9アンダーで首位に並び決勝ラウンドへ進出した。上がり2ホールを連続バーディとしたヘンダーソンは5バーディ、ボギーなしの「66」とし、9位からトーナメントリーダーに躍り出た。

<< 下に続く >>

通算8アンダーの3位に、首位から一歩後退したシダパ・スワンナプラ(タイ)。通算7アンダーの4位にエマ・タリージャッキー・コンコリノチョン・インジ(韓国)の3人が並んだ。大会連覇がかかるキム・インキョン(韓国)が通算6アンダーの7位タイに続いた。

4人が出場した日本勢はカットライン上の戦いが続いた。58位から出た野村敏京は「70」と1つ伸ばし、通算1アンダーの44位で決勝ラウンドへ。上原彩子横峯さくら、今季米ツアー初戦の宮里美香の3人は、カットラインに1打及ばない通算1オーバーの72位で予選落ちに終わった。

<上位と主な成績>
1/-9/ブルック・ヘンダーソンカロリーネ・ヘドバル
3/-8/シダパ・スワンナプラ
4T/-7/エマ・タリージャッキー・コンコリノチョン・インジ
7T/-6/キム・インキョンブリタニー・リンシコム ほか

44T/-1/野村敏京 ほか
72T(予選落ち)/+1/上原彩子横峯さくら宮里美香 ほか

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2018年 マラソンクラシック by オーウェンスコーニングand O-I




特集SPECIAL

これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!10月のマンスリーゲストには常文恵プロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!