ニュース

米国女子コロナモレリアチャンピオンシップの最新ゴルフニュースをお届け

2007年 コロナモレリアチャンピオンシップ
期間:04/26〜04/29 場所:トレスマリアスレジデンシャルGC(メキシコ)

地元のL.オチョアが2位タイと好スタート!宮里藍は73位タイと出遅れ

米国女子ツアー第7戦「コロナモレリアチャンピオンシップ」が、メキシコにあるトレスマリアスレジデンシャルGCで開幕。初日、ステイシー・プラマナスドが6アンダーとして、単独トップに立っている。

今季好調なプラマナスドが好スタートを切った。10番からスタートしたプラマナスドは連続バーディでスタート。前半でスコアを4つ伸ばして後半に折り返すと、8番パー5ではイーグルを奪取。この日ノーボギーでまとめ、初日から6アンダーをマークするチャージを見せた。

大会2連覇を狙う地元メキシコのロレーナ・オチョアは、韓国のN.O.ミンと並んで首位と1打差の5アンダー2位タイと好発進。今週月曜日に発表された世界ランキングでアニカ・ソレンスタムを抜いてナンバーワンに座しているオチョアだが、気負いもなく実力通りのプレーを披露した。続く4位タイには、シルビア・カバレリ(イタリア)ら4人が4アンダーで追走している。

今大会が初出場となった宮里藍は、パットに苦しみ思ったようにスコアを伸ばせず、3オーバーの73位タイと大きく出遅れる結果に。東尾理子も6オーバーの98位タイとして、この日のラウンドを終えている。

おすすめ記事通知を受け取る

2007年 コロナモレリアチャンピオンシップ

  • 2007/04/26~2007/04/29
  • 賞金総額:1,300,000US$
  • トレスマリアスレジデンシャルGC(メキシコ)



特集SPECIAL

これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!6月のマンスリーゲストには鶴岡果恋プロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!