ニュース

米国女子ISPSハンダ オーストラリア女子オープンの最新ゴルフニュースをお届け

野村敏京が初優勝へ首位タイ リディア・コーが1打差追走

◇米国女子◇ISPSハンダ オーストラリア女子オープン 3日目◇グランジGC(オーストラリア)◇6600yd(パー72)◇

首位と1打差の3位からスタートした野村敏京が5バーディ、3ボギー「70」と2つ伸ばし、通算9アンダーとして、ダニエル・カンジェニー・シン(韓国)と首位に並んで最終日を迎える。最終18番のバーディで首位をとらえ、米ツアー初優勝のチャンスを力強く引き寄せた。

日本人選手の米国ツアー優勝となれば、2012年8月「セーフウェイクラシック」を制した宮里美香以来、4シーズンぶりとなる。

首位争いの渦中にいたラウンドにも、「きのうみたいにリラックスして楽しくプレーできました」と平常心は変わらない。ショット、パットの感触は引き続き上々で、「ミスしたな、というところはなかった」という堅実なラウンドをキープした。あすの最終日は、最後のバーディで滑り込んだ最終組をプレー。「最終組を楽しみたい。リラックスして、楽しくプレーします」と逸る気持ちを胸にとどめ、勝負のティオフを待つ。

通算8アンダーの4位には前年覇者で世界ランク1位のリディア・コー(ニュージーランド)と、母国タイトルのかかるカリー・ウェブ(オーストラリア)がつけ、虎視眈々と逆転を狙う。

通算7アンダーの6位で、2週間前の「コーツゴルフ選手権」で初優勝を飾ったジャン・ハナ(韓国)、カトリオナ・マシュー(スコットランド)、カロリン・マソン(ドイツ)、ポーラ・レト(南アフリカ)の4人が続く。

他の日本勢では、宮里美香永井花奈が通算1オーバーの48位。酒井美紀が通算3オーバーの66位で最終日を迎える。

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2016年 ISPSハンダ オーストラリア女子オープン




特集SPECIAL

これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!11月のマンスリーゲストには木下彩プロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。