ニュース

米国女子全英リコー女子オープンの最新ゴルフニュースをお届け

2008年 全英リコー女子オープン
期間:07/31〜08/03 サニングデールGC(イングランド)

不動が首位タイに浮上! 藍、桃子も優勝争いに踏みとどまる

イングランドにあるサニングデールGCで開催されている、海外女子メジャー最終戦「全英リコー女子オープン」の2日目。初日に比べて風が強く、急に強い雨が降り出しては晴れ間が除く、プレーヤーの集中力が試される天候となった。

その中で、大きな存在感を見せたのは日本勢だ。2位タイからスタートした不動裕理はこの日も好調をキープし続け、1イーグル、3バーディ、1ボギーの「68」でラウンド。通算10アンダーで首位タイに浮上した。明日の3日目は、日本ツアーで今季1勝を挙げている韓国の申智愛とともに最終組でプレーする。

13位タイからスタートした宮里藍も、この日1イーグル、5バーディ、2ボギー、1ダブルボギーの「69」とスコアを伸ばす。ロレーナ・オチョア(メキシコ)、ナタリー・ガルビスと並び、通算7アンダーの6位タイに浮上した。不動と並び2位タイからスタートした上田桃子は、上がり3ホールを3連続ボギーで終える後味の悪いフィニッシュとなったが、この日イーブンパーに収めて通算6アンダーの9位タイ。優勝争いに踏みとどまり決勝ラウンドを迎える。昨年大会では予選落ちを喫した横峯さくらも、通算1アンダーで決勝ラウンド進出を果たしている。

一方、佐伯三貴は通算5オーバーの111位タイ、馬場ゆかりは通算6オーバーの115位タイで予選落ち。単独首位からスタートしたジュリー・インクスターは、通算9アンダーの単独3位に後退。アニカ・ソレンスタム(スウェーデン)は、通算イーブンパーの59位タイで決勝ラウンドに進出した。

おすすめ記事通知を受け取る

2008年 全英リコー女子オープン




特集SPECIAL

これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!8月のマンスリーゲストには高木優奈プロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。
全米プロゴルフ選手権
1500万ドルのボーナスをかけたプレーオフの仕組みと歴史を分かりやすく解説。松山英樹の現在地も!

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。