ニュース

米国女子女子ワールドカップの最新ゴルフニュースをお届け

2008年 女子ワールドカップ
期間:01/18〜01/20 ゲーリープレーヤーCC(南アフリカ)

女子世界一決定戦が開幕! 日本は諸見里しのぶと佐伯三貴が出場!

女子ゴルフの国別対抗戦「ワールドカップ女子ゴルフ」が、1月18日(金)から20日(日)までの3日間、南アフリカのサンシティ、ゲーリープレーヤーGCで開催される。第4回を迎える今大会には、世界20カ国から2人ずつ選抜された計40人が参加する。前回は、フリエタ・グラナダとセレステ・トローチェが代表のパラグアイチームが、2位に7打差をつけて圧勝。ちなみに日本チームは、第1回大会に宮里藍北田瑠衣ペアが優勝を飾っている。

今年の日本代表は、諸見里しのぶ佐伯三貴。諸見里は前回、上田桃子とペアで参戦し、22カ国中14位タイに終わった。昨年の日本ツアーで国内メジャー初優勝を果たし、ひと回り成長した諸見里。昨年ツアー初優勝を遂げて、成長著しい佐伯。息のあったチームワークで、上位進出を狙う。

競技は3日間54ホールのストローク形式で争われ、初日と最終日はそれぞれが自分のボールでプレーし、どちらか良いほうのスコアを採用するフォアボール。2日目だけは2人で1つのボールを交互に打つフォアサム形式。最終的に、3日間のトータルスコアの最も優れたチームに世界一の栄冠が与えられる。それぞれの国の名誉と威信をかけた戦いが、今年も幕を開ける。

【主な出場国と選手】
日本/諸見里しのぶ佐伯三貴、パラグアイ/J.グラナダ・C.トローチェ、スウェーデン/S.グスタフソン・M.ヨース、アメリカ/J.インクスターP.ハースト、フィリピン/D.デラシン・J.ロサレス、スコットランド/C.マシューM.マッカイ

おすすめ記事通知を受け取る

2008年 女子ワールドカップ




特集SPECIAL

これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!8月のマンスリーゲストには高木優奈プロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。
全米プロゴルフ選手権
1500万ドルのボーナスをかけたプレーオフの仕組みと歴史を分かりやすく解説。松山英樹の現在地も!

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。