ニュース

米国女子ロレーナ・オチョア・インビテーショナルの最新ゴルフニュースをお届け

宮里藍、17位タイに浮上!首位にはC.カーとM.ウィが並ぶ

メキシコにあるグアダラハラCCで開催されている、米国女子ツアー第26戦「ロレーナ・オチョア・インビテーショナル」の3日目。クリスティ・カーミッシェル・ウィが通算10アンダーで首位に並んでいる。

前日、スコアを伸ばせず順位を落した宮里藍。この日も2番でボギーを叩く苦しい立ち上がりであったが、その後7番でバーディを決め、イーブンで折り返すと、後半は最終ホールでのバーディを含む2バーディでスコアを伸ばしてフィニッシュ。通算3アンダー、17位タイに順位を上げて最終日に臨む。我慢の3日間を過ごしたが、果たして最終日に爆発するか注目したい。

<< 下に続く >>

首位争いを演じているのはクリスティ・カーミッシェル・ウィ。カーは1イーグル3バーディ、ノーボギーと抜群の安定感でスコアを伸ばし通算10アンダー。ウィは連続バーディスタートを切るも、それ以降はスコアを伸ばせず通算10アンダーのまま。今季2勝目を狙うカーと、プロ初勝利を狙うウィ。どちらが優勝を手にしてもおかしくない。

通算9アンダー、3位タイにはポーラ・クリーマーキム・ソンヒーと、賞金女王を狙う申智愛(ともに韓国)。この日の申は珍しくスコアを落すという展開で首位陥落したが、今季の申にはここから巻き返す強さがあり、1打差はないも同じと考えて良いだろう。この他、単独7位にはベストスコア「65」をマークしたキム・インキュン(韓国)、ホステスプロのロレーナ・オチョア(メキシコ)は、通算4アンダーのまま、12位タイで最終日を迎える。

おすすめ記事通知を受け取る

2009年 ロレーナ・オチョア・インビテーショナル




特集SPECIAL

これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!10月のマンスリーゲストには常文恵プロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!