ニュース

米国女子コロナ選手権の最新ゴルフニュースをお届け

2009年 コロナ選手権
期間:04/23〜04/26 場所:トレスマリアスレジデンシャルGC(メキシコ)

L.オチョア、リードを広げる!藍は13位タイをキープ、美香は40位タイで予選通過!

メキシコにあるトレスマリアスレジデンシャルGCで開催されている、米国女子ツアー第7戦「コロナ選手権」の2日目。地元メキシコのロレーナ・オチョアが、通算16アンダーで単独首位の座をキープしている。

昨年の圧勝劇の再現か―。単独首位で2日目を迎えたオチョアは、1番でバーディを決め、好スタートを切ると、8番ではイーグルをマーク。後半に入ってからも、安定した内容で4バーディを奪い、初日に続いて「65」をマーク。2位に3打差の通算16アンダーとし、早くも独走態勢に入ろうとしている。

<< 下に続く >>

通算13アンダー、単独2位に浮上してきたのはスーザン・ペターセン(ノルウェー)。インの前半だけで7バーディを奪う猛チャージを披露。オチョアを上回るベストスコア「64」をマークし、一気に優勝をうかがうポジションまで順位を上げてきた。それでも女王オチョアとの差は3ストローク。地の利などを考えるとオチョア優位は堅いが、ペターセンはどんな戦いを挑むのか注目だ。

通算11アンダー、3位タイには、日ごとに力を伸ばしているヤニ・ツェン(台湾)とチェ・ナヨン(韓国)。注目のミッシェル・ウィは、通算9アンダーで6位タイに後退している。

日本の宮里藍は、4バーディ、1ボギーで手堅くスコアを伸ばし、通算7アンダーの13位タイ。宮里美香は5バーディ、1ボギーとスコアを伸ばし、通算3アンダー40位タイで予選突破。“ダブル宮里”の躍進に期待したい。

おすすめ記事通知を受け取る

2009年 コロナ選手権




特集SPECIAL

これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!2月のマンスリーゲストにはセキ・ユウティンプロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!