ニュース

米国女子HSBC女子チャンピオンズ2013の最新ゴルフニュースをお届け

2013年 HSBC女子チャンピオンズ2013
期間:02/28〜03/03 場所:セントーサGC(シンガポール)

有村好スタート!A.ムニョスが単独首位

◇米国女子◇HSBC女子チャンピオンズ 初日◇セントーサGC(シンガポール)◇6,600ヤード(パー72)

灼熱のシンガポールで幕を開けた初日、スペインのアサハラ・ムニョスが7バーディを奪い単独首位に立った。2打差の5アンダー2位タイにはステーシー・ルイスポルナノン・ファトラム(タイ)とユ・ソンヨン(韓国)、リゼット・サラス、カレン・ショディン(スウェーデン)の5人が集団を形成。

先週の「ホンダ LPGAタイランド」でも初日に9アンダーをマークして2日目まで首位をキープしたルイスも好スタート。今週は4日間上位で踏ん張れるか。大会3連覇を狙うヤニ・ツェン(台湾)は、最終18番パー5でイーグルを奪うなど4アンダーにまとめ、7位タイにつけている。

そして、今年から本格参戦を行う有村智恵がツアーデビュー。前半に3つのバーディを先行させると、後半15番、16番と連続ボギーをたたくが、最終18番パー5でこの日5つ目のバーディを奪取。3アンダーの11位タイで初ラウンドを終えた。

一方、宮里美香は1バーディ、1ボギーと2つのダブルボギーをたたき4オーバー58位タイ。上田桃子は4つのボギーとダブルボギーが1つ。バーディを奪えず6オーバー61位と大きく出遅れてしまった。

<ムニョス、得意のトップスタートから会心のプレー>
7バーディ、ノーボギーという内容で初日単独首位に立ったムニョス。「今日のカギになった」と好スコアの要因に挙げたのが、18ホール中15ホールでグリーンオンした高いパーオン率だ。「良いセカンドショットをたくさん打てたから、多くのチャンスを作ることができた」と会心のラウンドを振り返った。

また、「今日は風が少し難しかった」という状況を即座に把握し、練習ラウンドから変えたコースマネジメントも奏功。「練習ラウンドでは毎ホールドライバーを使っていたけど、今日はフェアウェイに置くことが重要だと思ったからあまり使わなかった。5ホールか6ホールで3番ウッドを使った」と、海風と、水絡みのハザードが多いシーサイドコース特有の罠を次々とくぐり抜けた。

この日は、宮里美香と同じトップスタートとなったムニョス。「これまで、私のベストとなっているツアーでの3ラウンドは、いずれもファーストタイムのスタート。待たなくていいし、グリーンもパーフェクト。とっても良かったわ」。相性の良いトップスタートから、颯爽と18ホールを駆け抜けた。

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2013年 HSBC女子チャンピオンズ2013




特集SPECIAL

これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!3月のマンスリーゲストには但馬友プロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。