ニュース

米国女子ウェンディーズ選手権 for チルドレンの最新ゴルフニュースをお届け

2001年 ウェンディーズ選手権 for チルドレン
期間:08/10〜08/12 場所:ニュー アルバニーCC(オハイオ州)

W.ウォードが62で通算17アンダー独走態勢に入った

ウェンディーズ・チャンピオンシップの2日目。初日に続きこの日も好スコアが続出。初日7アンダーで単独2位からスタートしたW.ウォードが10バーディ、ノーボギーの猛チャージで62をマーク。通算17アンダーで単独首位に立った。初日もノーボギーと完璧なゴルフで2位に4打差を奪った。

ウォードを追うのは、初日5アンダーの11位からスタートしたM.ダン。スコアを8つ伸ばし13アンダーで単独2位になった。

<< 下に続く >>

さらに1打差12アンダーはA.ソレンスタムが上がってきた。2位のダンと同じ11位からスタートしたソレンスタムは、2番パー3でボギーを叩いたが、この日はバーディを8つ奪った。先週の全英女子オープンで朴セリに賞金ランキングでのトップの座を奪われただけに、今週は気合が入っている。

また、ソレンスタムと並びやはり11位グループにつけていたK.ウェブは、まわりがバーディラッシュでスコアを伸ばす中、4バーディ、1ボギーと着実にスコアを伸ばし、通算9アンダーで5位タイに浮上。逆転優勝への望みをつないだ。

初日1アンダーと出遅れた朴セリは、この日スコアを3つ伸ばし、59位から38位に上がってきたが、今ひとつ波に乗れないようだ。

小林浩美は1番ホールから6番までに4つのバーディを奪い、勢いに乗るかと思われたが、その後はスコアを伸ばせず、最終18番ホールでボギーを叩き結局3アンダー。42位で決勝ラウンドに進出を決めた。

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2001年 ウェンディーズ選手権 for チルドレン




特集SPECIAL

これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!3月のマンスリーゲストには三浦桃香プロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!