ニュース

米国女子サムスンワールドチャンピオンシップの最新ゴルフニュースをお届け

2002年 サムスンワールドチャンピオンシップ
期間:10/03〜10/06 場所:ヒドゥンブルックGC(カリフォルニア州)

A.ソレンスタムが遂に首位に並んだ

米国女子ツアー「サムスンワールドチャンピオンシップ」3日目。気温25度の無風状態という絶好のゴルフ日和の中、20名中15名がアンダーパーを記録。2位でスタートしたアニカ・ソレンスタムが15アンダーまで伸ばし、クリスティ・カーとともにトップで並んだ。

ソレンスタムは5番パー5で最初のバーディを奪うと、その後は安定したプレーで結局6バーディ、2ボギーという内容で4つスコアを伸ばした。

<< 下に続く >>

そして首位でスタートしたクリスティ・カーは、2日目に64と爆発的なスコアを記録し、この日も69でまとめ15アンダーまで伸ばした。最終ホールを迎えた時点では2位のソレンスタムに2打差をつけていたが、トップに立ったプレッシャーを受けたのかボギーを叩いてしまい、逆にバーディを奪ったソレンスタムに並ばれてしまった。

明日もソレンスタムと同組でプレーすることになるが、経験豊かな世界ナンバーワンプレーヤー相手に、ツアー1勝のカーがどこまで踏ん張ることができるか注目だ。

韓国企業の名を冠した大会で期待が掛かる朴セリが、この日のベストスコアとなる67をマークし11アンダー、4位タイまで順位を上げてきた。16番ホールまでに7バーディを奪い13アンダーとしていたが、17番パー3で痛恨のダブルパー。しかし18番では気を取り直しバーディを奪う意地を見せた。

日本の久保樹乃は、4バーディ、5ボギーで1つスコアを落としトータル4オーバーで最下位の18位タイ。出だしから3連続ボギーとしたが、その後は踏ん張りを見せた。苦戦はしているが、世界一流に囲まれて戦う経験は将来に生きるはずだ。明日、どこまで健闘するか期待したい。

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2002年 サムスンワールドチャンピオンシップ




特集SPECIAL

これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!2月のマンスリーゲストにはセキ・ユウティンプロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!