ニュース

米国女子エレクトロラックスUSA選手権の最新ゴルフニュースをお届け

2002年 エレクトロラックスUSA選手権
期間:05/09〜05/12 レジェンドクラブ・オブ・テネシー(テネシー州)

やっぱり強い! A.ソレンスタムが逆転でシーズン3勝目

米国女子ツアー「エレクトロラックスUSA選手権」は、最終日にスコアが大きく動いた。そして、9アンダー4位からスタートしたA.ソレンスタムが、8ストローク伸ばし通算17アンダーで逆転優勝を果たした。

今大会のソレンスタムは初日に7バーディを奪い単独首位に立った。しかし、2日目はまったく伸ばせず、3日目も1ストローク伸ばしただけ。昨年もこの時期から勢いを失ったが、今年も・・・、と周囲を心配させる展開だった。

ところが、最終日のソレンスタムは絶好調そのもの。3番から3連続バーディ、1ホール空いて再びバーディを奪い、後半も14番から同じようにバーディを連発した。この日だけで8バーディを奪い今シーズン3勝目を上げた。

最終日を単独首位で迎えた19歳のN.ガルビスは、2番ホールでダブルボギーを叩きつまずいてしまった。4番ボギーの後、6番でも再びダブルボギーで完全に優勝争いから脱落。その後バーディを6つ奪いスコアを戻したが、9アンダー8位だった。

米ツアーで初めて予選を通過した片野志保は、2バーディ、3ボギーでスコアを1つ落としたが順位は2つ上げ、65位で終了した。

また、3日目に2つスコアを伸ばし37位につけていた小林浩美は、この日だけで6ストローク落とし、69位になってしまった。福嶋晃子小俣奈三香は予選落ちになっている。

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2002年 エレクトロラックスUSA選手権




特集SPECIAL

これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!6月のマンスリーゲストには大里桃子プロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。
HIGHLIGHT 大堀裕次郎
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。