ニュース

米国女子エレクトロラックスUSA選手権の最新ゴルフニュースをお届け

2002年 エレクトロラックスUSA選手権
期間:05/09〜05/12 レジェンドクラブ・オブ・テネシー(テネシー州)

19歳新人のN.ガルビスが6ストローク伸ばし11アンダーで単独首位

米国女子ツアー「エレクトロラックスUSA選手権」の3日目、今シーズンからLPGAツアーに参加しているN.ガルビスが6ストローク伸ばし単独首位に踊り出た。

初日が2アンダー、2日目はノーボギーで3ストロ-ク伸ばしたガルビスは、7バーディ、1ボギーという内容。現在19歳、ツアー初優勝に向け最終日もスコアを伸ばせるか注目したい。

1打差の2位にはP.ハーストとB.バートンが並んでいる。地元米国勢が上位を占めているが、最終日は誰が飛び出すか分からない混戦になっている。

そして、初日単独首位のA.ソレンスタムが9アンダーで4位につけている。2日目にスコアを伸ばせず2位に後退したソレンスタムは、この日も2アンダーと伸び悩んだ。しかし、首位とはたったの2打差、きっかけをつかめば、どこからでもバーディを奪ってくるような実力があるだけに、上位の3人にはプレッシャーがかかるだろう。

今週の日本からは4名が出場しているが、2オーバーで第2ラウンドを終えた片野志保が予選を通過できるか微妙な位置にいた。前日が雨のためサスペンデッドになり、全選手がホールアウトするまで結果がわからなかった。

しかし、2オーバー69位で予選を通過。今シーズン開幕から挑戦しつづけ、初めて予選を突破したのだ。そして初めての決勝ラウンド初日はイーブンパー、67位と少し順位を上げた。明日、最終日は少しでも順位を上げて自信につなげて欲しい。

また、イーブンパーの42位からスタートした小林浩美は、2アンダーまで伸ばし37位になっている。福嶋晃子小俣奈三香は予選落ちとなった。

関連リンク

2002年 エレクトロラックスUSA選手権




特集SPECIAL

これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!12月のマンスリーゲストには金澤志奈プロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~