ニュース

米国女子チックフィルAチャリティ選手権の最新ゴルフニュースをお届け

2002年 チックフィルAチャリティ選手権
期間:05/03〜05/05 イーグルス・ランディングCC(ジョージア州)

連続で6アンダーをマークしたJ.インクスターが優勝した

米国女子ツアー「チックフィルA・チャリティ選手権」は、初日に大雨が降りサスペンデッドになった。そして明けた2日目も進行は大幅に遅れ、第2ラウンドに入れたのは半分以下の50名だった。その結果大会は36ホール、2ラウンドに変更されたのだ。

ただでさえ、3日間の短期決戦なのが2ラウンドに短縮されると、ペースをつかめない選手もたくさんいた。そして、この2ラウンドを6アンダーづつスコアを伸ばしたJ.インクスターが優勝した。

インクスターは第1ラウンドの5番ホールでボギーを1つ叩いたが、それ以外はミスというミスがなかった。1番ホールでは連日バーディを奪い、18番ホールはなんと2日続けてイーグルを奪った。これでツアー通算27度目に栄冠を手にした。

2位には初日8アンダーと飛び出したK.ロビンス。インクスターと同じ最終組でラウンドしたロビンスは、ボギーが先行すると6アンダーまでスコアを落としてしまった。しかし、終盤の追い上げはすごかった。16、17番でバーディ、最終18番はイーグルを奪ったがインクスターもイーグルだったので差は詰められなかった。

第1ラウンドを3アンダー17につけていたA.ソレンスタムは、前日7ホールを消化しスコアを伸ばせなかったので諦めたのか、第2ラウンドは精彩を欠いた。スコアを3つ落としイーブンパー、今シーズン初めてトップ10を外し59位という平凡な順位になった。

日本勢は福嶋晃子が初日の3アンダーをキープし、順位は下げたが22位に入った。小林浩美は2つスコアを下げ90位、小俣奈三香は5ストローク落とし118位、そして片野志保も4ストローク落とし126位で競技を終えた。

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2002年 チックフィルAチャリティ選手権




特集SPECIAL

これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!6月のマンスリーゲストには宮田成華プロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。
HIGHLIGHT 大堀裕次郎
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。