ニュース

米国女子ロレーナ・オチョア・インビテーショナル by Banamex & Jaliscoの最新ゴルフニュースをお届け

藍は26位、復帰のオチョアは16位発進 ウィら3人が首位に並ぶ

◇米国女子◇ロレーナ・オチョア・インビテーショナル by Banamex &Corona Light 初日◇グアダラハラCC (メキシコ)◇6644ヤード(パー72)

米国女子ツアーの今季第27戦「ロレーナ・オチョア・インビテーショナル by Banamex & Jalisco」が開幕。今大会のホステスを務めるロレーナ・オチョアは引退しているが、2年ぶりのスポット参戦するということで注目を集めている今大会。故郷であるメキシコのグアダラハラCCで行われている。

初日6アンダーでトップに並んだのは、ミッシェル・ウィアンジェラ・スタンフォードキャンディ・クン(韓国)の3人。ウィは持ち前の飛距離をいかしてバーディを量産し、スタンフォードとクンは精度の高いショットを披露して好スコアに繋げた。

賞金女王とプレーヤー・オブ・ザ・イヤーの両タイトル争いを繰り広げる注目の2人。朴仁妃(韓国)は7バーディ、2ボギーとアグレッシブなゴルフを展開。一方のステーシー・ルイスは、5バーディ、ノーボギーと安定したゴルフを披露した。初日はともに5アンダーの4位タイでがっぷり四つといったところ。

ホステスを務めるオチョアは2バーディ、1ボギーと堅実なゴルフを見せ、1アンダーの16位タイと上々のスタートを切った。そのオチョアと親交の深い宮里藍は同じ組でラウンドし、3バーディ、2ボギー、1ダブルボギーと出入りの激しい展開となってしまい、1オーバーの26位タイで初日を終えている。

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2012年 ロレーナ・オチョア・インビテーショナル by Banamex & Jalisco




特集SPECIAL

これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!10月のマンスリーゲストには幡野夏生プロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。