ニュース

米国女子キア・クラシックの最新ゴルフニュースをお届け

2012年 キア・クラシック
期間:03/22〜03/25 ラ・コスタリゾート&スパ(カリフォルニア州)

ヤニ・ツェン、圧勝で今季3勝目! 藍は5位タイに浮上

◇米国女子◇キア・クラシッック 最終日◇ラ・コスタリゾート&スパ(カリフォルニア州)◇6,490ヤード(パー72)

女王は、最後まで盤石だった。2位に3打差をつけてスタートした最終日、後続が伸び悩む中で3バーディ、1ボギーの「70」で回り、通算14アンダーで悠々の逃げ切り勝利。2週連続勝利を収め、今季5試合目で早くも3つめのタイトルを獲得した。

前半のアウトで2つ伸ばし、早々に独走態勢を築いてサンデーバックナインへ。最終18番では今週4つ目のボギーを叩くが、2位にその影すら踏ませないまま6打差をつける圧勝。ツアー通算15勝目を手にし、勢いをさらに増して次週のメジャー初戦「クラフトナビスコ選手権」に乗り込む。

10位タイからスタートした宮里藍は、序盤の2番でボギーを先行させるも、その後は前半だけで4つのバーディを量産。後半に1つ落としたが、5バーディ、3ボギーと2つ伸ばし、通算5アンダーの5位タイに浮上して4日間を終えた。「決してベストな状態ではない中で、トップ10で終われたことは大きい。(来週のメジャーに)良い状態で入れると思う」と納得の表情を浮かべた。

通算8アンダーの単独2位にユー・スンヨン(韓国)。通算7アンダーの3位タイにフォン・シャンシャン(中国)と申智愛(韓国)。前年覇者のサンドラ・ガル(ドイツ)は通算5オーバーの37位タイ。金子絢香は「78」を叩き、通算15オーバーの71位タイで終えた。

関連リンク

2012年 キア・クラシック




特集SPECIAL

これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!9月のマンスリーゲストには田村亜矢プロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。
HIGHLIGHT 永野竜太郎
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~