ニュース

米国女子セーフウェイインターナショナル Presented by コカコーラの最新ゴルフニュースをお届け

アニカが単独首位に浮上!ウィは13位に急浮上

アリゾナ州スーパースティションで行われている、米国女子ツアー第2戦「セーフウェイインターナショナル Presented by コカコーラ」の2日目。女王アニカ・ソレンスタム(スウェーデン)を筆頭に、優勝候補に挙げられている選手達がスコアを伸ばし始めた。

5アンダーの2位からスタートしたアニカは、確実にバーディを積み重ね、7バーディノーボギーのラウンド。通算12アンダー、予選ラウンドを終えて単独首位に踊り出た。

<< 下に続く >>

アニカを追って1打差の2位につけたのは、クリスティー・カー(米国)だ。前半からバーディを量産し、その後も勢いは止まらずスコア“63”をマークし、15位から2位に浮上した。

また、朴セリ(韓国)はこの日4つ伸ばして、通算9アンダーの3位。ロレーナ・オチョア(メキシコ)が通算8アンダーの4位。通算7アンダーの7位にはグレース朴(韓国)、ローラ・デービース(英国)など実力者たちが上位に名前を連ねている。

一方、注目の天才少女ミッシェル・ウィは、攻めのゴルフを展開し8バーディ3ボギーでスコアを5つ伸ばした。通算5アンダー49位から13位に急浮上し、明日からの決勝ラウンドに挑む。

そのほか日本勢では、山口千春が3オーバーの83位。福嶋晃子がこの日4つスコアを落としてしまい、通算5オーバーの104位。東尾理子は、通算11オーバーの136位といづれも予選通過を果たすことはできなかった。

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2004年 セーフウェイインターナショナル Presented by コカコーラ




特集SPECIAL

これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!2月のマンスリーゲストにはセキ・ユウティンプロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!