ニュース

米国女子カナディアン女子オープンの最新ゴルフニュースをお届け

J.ムーディが首位をキープ!東尾、リンダ石井は波乱の展開

カナダ、グレンアーバーGCで行われている、米国女子ツアー第19戦「カナディアン女子オープン」の3日目。この日も、ジャニス・ムーディーが堅実なプレーを見せ、通算9アンダーで単独首位を守った。

今大会を通して、ムーディの安定感には揺るぎがない。難しいコンディションとなった3日目は、スコアを伸ばすには至らなかったもののイーブンパーでホールアウト。明日の最終日も、このまま逃げ切れるか注目したい。

また、各選手が伸び悩む中、2つスコアを上げ、通算8アンダーで単独2位に浮上してきたのが、アンジェラ・スタンフォードだ。実力派のプレーヤーだけに、最終日も大いに期待がもてる。さらに、7アンダーの3位タイには、イル・ミ・チュン(韓国)、若手のドロシー・デラシンが続くなど、上位陣が1打差でひしめく混戦状態。この中から、誰が抜け出してきても、おかしくない状況だ。

そのほかの注目選手では、「全米女子オープン」で2位タイに入ったブリタニー・ラングが通算2アンダーの10位タイ、昨年の覇者メグ・マローンは、スコアを2つ落とし、通算イーブンパーの23位タイへと後退している。

最後に、決勝ラウンドに駒を進めた日本勢2人は波乱のゴルフを展開。東尾理子は、この日スコア「77」と大きく崩し、通算8オーバーの65位タイ。リンダ石井も、スコア「79」と大乱調となり、通算9オーバーの67位タイと大きく順位を下げた。明日の最終日、果たしてどこまでポジションを上げてこれるか期待したい。

おすすめ記事通知を受け取る

2005年 カナディアン女子オープン




特集SPECIAL

これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!10月のマンスリーゲストには幡野夏生プロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。