ニュース

米国女子フロリダ・ナチュラル チャリティ・チャンピオンシップの最新ゴルフニュースをお届け

宮里藍は16位タイで決勝ラウンドへ!女王アニカが5位タイにつける

ジョージア州、イーグルズランディングCCで行なわれている、米国女子ツアー第7戦「フロリダ・ナチュラル チャリティ・チャンピオンシップ」の2日目。多くの選手がスコアを伸ばす中、S.A.イム(韓国)が、通算12アンダーで単独トップに立った。

イムは、6番でイーグル、さらに12番から14番にかけて3連続バーディを奪うなど、この日だけで、一気に8つスコアを上げる猛チャージ。同じく、バーディラッシュで通算11アンダーとした単独2位のJ.Y.リー(韓国)に1打差をつけている。

<< 下に続く >>

さらに、通算10アンダーの3位タイには、H.W.ハン(韓国)とカリー・ウェブの2人がつけるなど、トップ3に韓国勢3人が占める展開となった。

強豪勢では、女王アニカ・ソレンスタム(スウェーデン)が、4バーディ、1ボギーとスコアを3つ伸ばしたものの、通算9アンダーの5位タイと順位では一歩後退。ナタリー・ガルビスも、6バーディ、1ボギー、1ダブルボギーと出入りの激しい内容となり、通算8アンダーの7位タイへポジションを落とした。また、ポーラ・クリーマーも、4バーディ、2ボギーと、スコアを2つしか伸ばせず、通算6アンダーの16位タイで2日目を終えている。

日本の宮里藍は、5バーディ、2ボギーと、まずまずのプレーを見せて、クリーマーらと並ぶ、通算6アンダーの16位タイへ浮上。一方、東尾理子は、通算1オーバーの95位タイで予選落ちを喫した。

おすすめ記事通知を受け取る

2006年 フロリダ・ナチュラル チャリティ・チャンピオンシップ




特集SPECIAL

これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!2月のマンスリーゲストにはセキ・ユウティンプロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!