ニュース

国内シニア福岡シニアオープンゴルフトーナメントの最新ゴルフニュースをお届け

台湾の盧が首位 29位・マークセンは賞金王「早く決めたい」

2018/10/27 18:50


◇国内シニア◇福岡シニアオープンゴルフトーナメント 初日(27日)◇福岡カンツリー倶楽部 和白コース(福岡)◇

台湾の盧建順が「67」で回り5アンダーで単独首位発進した。秋葉真一柳沢伸祐が1打差の2位に続いた。

<< 下に続く >>

賞金ランキング1位のプラヤド・マークセン(タイ)は伊澤利光らと並ぶ2オーバー29位になった。今大会で3季連続の賞金王を確定させる可能性があり、「早く決めたい」と意気込んだ。

大会は36ホール競技で28日に最終ラウンドで行う。

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2018年 福岡シニアオープンゴルフトーナメント




特集

世界の一流選手のスイングをハイスピード動画でスロー再生。特定選手のスイングを正面・後方からじっくり研究したり、他の選手と比較してみるなど楽しみ方は色々。まずはとくとご覧あれ!
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!