ニュース

国内シニア日本プロゴルフシニア選手権大会 住友商事・サミットカップの最新ゴルフニュースをお届け

台湾の57歳が3打差首位に マークセンはスコアを伸ばせず

2017/10/06 18:11


◇国内シニア◇日本プロゴルフシニア選手権大会 住友商事・サミットカップ 2日目(6日)◇サミットゴルフクラブ(茨城県)◇6984yd(パー72)

2打差の2位から出た台湾の57歳・盧建順が、8バーディ2ボギーの「66」で通算10アンダーとし、後続に3打差をつける単独首位で大会を折り返した。今年からフル参戦する盧は、2001年にレギュラーツアーに参戦経験があるが日本未勝利。1983年のシンガポールオープンなどアジアでは計34勝を数える。

<< 下に続く >>

初日首位の久保勝美は「71」で通算7アンダーとして2位に後退。通算6アンダーの3位に湯原信光、さらに1打差の4位に前週優勝の加瀬秀樹鈴木亨が並んだ。

今季3勝で賞金ランキング1位の前年大会覇者プラヤド・マークセン(タイ)はスコアを伸ばせず通算3アンダーの9位で決勝へ進んだ。

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2017年 日本プロゴルフシニア選手権大会 住友商事・サミットカップ




特集

世界の一流選手のスイングをハイスピード動画でスロー再生。特定選手のスイングを正面・後方からじっくり研究したり、他の選手と比較してみるなど楽しみ方は色々。まずはとくとご覧あれ!
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!