ニュース

国内シニアファンケルクラシックの最新ゴルフニュースをお届け

キム・ジョンドクが単独首位発進!羽川、高橋が2位に続く

国内シニアツアー第2戦「ファンケルクラシック」が19日(金)、静岡県の裾野カンツリー倶楽部で開幕。初日、9バーディ、ノーボギーの「63」をマークしたキム・ジョンドクが9アンダーの単独首位でスタートした。

7アンダーの2位タイには羽川豊高橋勝成。5アンダーの単独4位に奥田靖己がつけている。ディフェンディングチャンピオンの高見和宏は4アンダーの5位タイ、芹澤信雄室田淳らと並んで2アンダーの18位タイで初日を終えた。

<< 下に続く >>

<日本で初の「63」!キムが好スタート>
シニアツアールーキーのキムが初日から飛ばした。10番から出ると2連続バーディでスタート。前半インで5つ、後半アウトで4つのバーディを重ねた。「今日はパッティングが良かった。63は韓国では出したことがあるが、日本のツアーでは初めて」と本人も驚きの様子。「シニアツアーは楽しい、気持ち良い。レギュラーツアーとは気持ちが違う」と新しい戦いの場を楽しんでいる。

<羽川が好調をキープ。2位タイにつける>
開幕戦の「トータルエネルギーカップPGAフィランスロピートーナメント」で優勝した羽川豊。この2戦目も快調な滑り出しだ。8バーディ、1ボギーの「65」。トップのキムに2打差の初日に「今日は出来すぎ」と笑顔を見せた。それでも「ショットが落ち着いてきたのでパターが入ればスコアが出ると思っていた」と、好調をキープしていることに自信。2連勝を狙って残り2日間を戦う。

<羽川と並び2位タイの高橋は同大会に抜群の相性>
7アンダーの2位タイで2日目に入る高橋勝成は、過去に同大会で3勝をマーク。「このコースはフェアウェイを外さなければ距離感が合わせやすい。外すとアイアンの距離感を考えすぎて合わなくなってくるので、フェアウェイを外さないのがポイント」と攻略のポイントを明かした。今月5日に61歳となった大ベテラン。「もう1回!現実からしたら最後でしょ」と冗談めかすが、決して夢物語ではない。

おすすめ記事通知を受け取る

2011年 ファンケルクラシック




特集

世界の一流選手のスイングをハイスピード動画でスロー再生。特定選手のスイングを正面・後方からじっくり研究したり、他の選手と比較してみるなど楽しみ方は色々。まずはとくとご覧あれ!
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!