ニュース

国内女子日本女子オープンゴルフ選手権競技の最新ゴルフニュースをお届け

畑岡奈紗が大会連覇へ暫定首位タイ 2打差に17歳アマチュア小倉彩愛

◇国内女子メジャー第3戦◇日本女子オープンゴルフ選手権競技 2日目(29日)◇我孫子ゴルフ倶楽部(千葉県)◇6706yd(パー72)

持ち越されていた第1ラウンドの残りと第2ラウンドを行った。第2ラウンドは午後5時17分に日没順延となった。首位と2打差の3位で第2ラウンドを出た畑岡奈紗が5バーディ、1ボギーの「68」でプレーし、3ホールを残した申ジエ(韓国)と通算9アンダーで並んで暫定首位に立った。

<< 下に続く >>

通算7アンダーの3位に、前半4番(パー3)でホールインワンを達成したアマチュアの小倉彩愛(17=岡山操山高2年)と、11ホールを終えたキム・ヘリム(韓国)が並んだ。

賞金ランキングトップのキム・ハヌル(韓国)は14ホールを終えて通算5アンダー8位。2015年覇者のチョン・インジ(韓国)は4バーディ、1ボギーの「69」でプレーして、通算3アンダー19位で続いた。

第2ラウンドは30日午前6時45分から順次再開の予定。

【暫定成績】
1T/-9/畑岡奈紗申ジエ
3T/-7/小倉彩愛(アマ)、キム・ヘリム
5T/-6/有村智恵松森彩夏チェ・ヘジン
8T/-5/石川陽子新垣比菜柏原明日架キム・ハヌル下川めぐみ

19T/-3/チョン・インジ ほか
28T/-2/イ・ボミ ほか
35T/-1/勝みなみ上田桃子 ほか
63T/+2/横峯さくら ほか

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2017年 日本女子オープンゴルフ選手権競技




特集SPECIAL

HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。
これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!11月のマンスリーゲストには立浦葉由乃プロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!