ニュース

国内女子ミズノクラシックの最新ゴルフニュースをお届け

飯島茜が首位に肉薄! 藍、桃子は3打差で最終日へ

三重県にある近鉄賢島CC で開催されている、USPGAツアーの公式戦でもある国内女子ツアー第31戦「ミズノクラシック」の2日目。快晴、微風と初日に続き好天に恵まれ、スコアを伸ばす選手が続出。熾烈なバーディ合戦が演じられ、上位の顔ぶれもガラリと変わる展開となった。

通算11アンダーで単独首位に立ったのは、8バーディ、1ボギーの「65」をマークした宋ボベ(韓国)。6バーディを奪った前半はパットが冴え渡り、実に9パットの離れ技。一気にリーダーズボードを駆け上がった。通算10アンダーの2位タイには、キム・インキョン(韓国)と、ホステスプロの飯島茜が急浮上。「ショットがずっと安定している」という飯島は、パー5で3バーディを奪うなど着実にスコアを伸ばす。コースレコードタイの「64」をマークする爆発力を見せ、優勝争いに名乗りを挙げた。

通算9アンダーの単独4位には、8位タイから浮上した北田瑠衣。通算8アンダーの5位タイには、USLPGAツアーで賞金女王の座を争っている宮里藍と申智愛(韓国)のほか、上田桃子全美貞(韓国)、首位から陥落したブリタニー・ラング(アメリカ)ら8人が続いている。

横峯さくらは3ストローク伸ばし、同組でラウンドしたロレーナ・オチョア(メキシコ)とともに通算4アンダーの29位タイ。日本ツアーで賞金ランクトップを走る諸見里しのぶは、通算2オーバーの66位タイと下位に甘んじている。

おすすめ記事通知を受け取る

2009年 ミズノクラシック




特集SPECIAL

HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。
これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!6月のマンスリーゲストには鶴岡果恋プロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!