ニュース

国内女子KKT杯バンテリンレディスオープンの最新ゴルフニュースをお届け

プロ8年目の菊地絵理香が逃げ切りで悲願の初優勝

◇国内女子◇KKT杯バンテリンレディスオープン 最終日◇熊本空港CC(熊本県)◇6452yd(パー72)◇

2打差リードの単独首位でスタートした菊地絵理香が、5バーディ2ボギーの「69」で回って通算9アンダーとし、初日からの首位を守り切って悲願のツアー初優勝を飾った。プロ8年目の菊地は、ウィニングパットを決めると右手でガッツポーズ、キャディとハグを交わし、ついに手に入れた勝利を噛みしめた。

首位と4打差、通算4アンダーの2位に、この日4ストローク伸ばす猛追で順位を上げたイ・ボミ(韓国)と若林舞衣子。通算3アンダーの4位に地元熊本県出身の上田桃子と、藤田光里渡邉彩香の3人が入った。

通算2アンダーの7位は申ジエナ・ダエの韓国勢2人。30位から出た有村智恵が最終日「67」をマークし、通算1アンダーの9位に滑り込んだ。

通算1オーバーの14位でフィニッシュした永井花奈がベストアマチュア賞を獲得。昨年覇者の勝みなみは、通算9オーバーの47位だった。

関連リンク

2015年 KKT杯バンテリンレディスオープン




特集SPECIAL

HIGHLIGHT ソン・ヨンハン
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。
これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!8月のマンスリーゲストには脇元華プロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~