ニュース

国内女子TaKaRa WORLD INVITATIONALの最新ゴルフニュースをお届け

高村博美首位キープ。高村亜紀も並び「高村」対決!

1998/10/10 18:00


一時は後退した高村博美だったが、後半を33と挽回して首位をキープ。また前日3位の高村亜紀が69として首位タイに上がってきた。明日は軽い高村vs重い高村が対決する。また毎度お馴染みの吉川なよ子は今週も30勝目指して激闘。

高村博美は5バーディ、4ボギーと忙しいラウンドだった。上がりの4ホールで3つのバーディ。「4番でバーディパットを3パットしてしまった。それからグリーンの速さがわからなくなってしまった。14番(ボギー)でボールが曲がった以外はぜんぶパットのミスによるボギーです」
吉川なよ子の健闘を見て、発奮した。「7アンダーでしょ。私も頑張ろう、と思いました。吉川さんにお礼を言わないといけない」 ちなみに吉川は49歳。高村は45歳。

一方、高村亜紀は5番でボギー。それから4つのバーディが入ってくれた。「アイアンもそこそこ。けっこうパットが入ってくれました。かみ合ってきた感じです」
日本女子プロ、女子オープンと大物競技喰いの高村亜紀。このところ体調もよくなり、上位に顔を出し始めている。しかし「まだ気持ちの中では不安が残ってます。いままで優勝したときは、たいして緊張もせず、終わってみたら勝っていたという感じだったんですけど」 この人が勝つときは圧倒的に勝つ。悪いときは徹底的に悪い。確かにそういう印象が高村にはある。
今日も終盤は緊張した。ドキドキした。「明日は緊張の中でもまれるというか、そういう緊張を長く持続させていきたいです」

関連リンク

1998年 TaKaRa WORLD INVITATIONAL




特集SPECIAL

HIGHLIGHT 永野竜太郎
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。
これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!9月のマンスリーゲストには田村亜矢プロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~