ニュース

国内女子ヤクルトレディースゴルフトーナメントの最新ゴルフニュースをお届け

首位は金愛淑、岡田。大金らが追う

舞台は福岡県、福岡国際CC。昨年は1年を通してベテラン選手のカムバックが目立ったが、この試合でもノーシードだった50歳の池渕富子が優勝。今年もシーズン前半、ベテラン服部道子が好調につっ走っているものの上田珠代、大金寿子など若手もけっこう元気。さて今週はどっちになるか?
と思っていたら53歳の大ベテラン岡田美智子が初日をリードした。去年も惜しいところで勝ちを逸した試合があったが、いよいよ2度目の正直になるのだろうか。去年今年と山岡明美が頑張っているのだから、岡田だって勝っておかしくはない。

「腰痛もあって先週はゴルフのことを考えずに過ごした。8日間もクラブを握らなかったのは初めて」という岡田。 オフにトレーニングをやりすぎて、疲れがたまっていた。ちょうどいい休養になってリフレッシュできた。
コースの設定が6279ヤードとあまり長くないのも幸いした。「自分の距離で十分届く。これがキッカケになればいいと思います。あせらず、ゆっくりやります」

金愛淑も2アンダー首位。「先週は早いベント、今週はコーライ。ヤマをかけずオーバーするように打ったのが結果的にうまくいった。アンダーパーが出て満足です」
土曜の天気予報もあまり芳しくないようだが「状況に応じて、あるがままにプレーしたい」とか。
大金寿子もいい位置についている。成長いちじるしい今季のニューフェース。期待して見たい。

関連リンク

1998年 ヤクルトレディースゴルフトーナメント




特集SPECIAL

HIGHLIGHT ソン・ヨンハン
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。
これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!8月のマンスリーゲストには脇元華プロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~