ニュース

国内女子那須小川レディスプロゴルフトーナメントの最新ゴルフニュースをお届け

服部は安定感抜群、2日目も首位をキープ

豪雨のためグリーンが冠水し、一時プレー中断もあった2日目は、まだ優勝経験のないたにひろえが急追。しかし終わってみればやはり服部道子が安定性抜群のプレーでガッチリと首位をキープした。西田智慧子は一歩後退。

一時はたにひろえに首位に並ばれた服部道子だったが、最終18番であやうく転がり落ちるバーディを決めて単独首位。「明日もアンダーパーで、いいリズムでプレーできればと思っています」
最終日は天気がよければ5ストローク差くらいまでは優勝圏内と読んでいる。安心してはいられない。「自分がスコアを伸ばさないとだめですよね。余裕なんてありません。トリッキーなコースにはまらないように、いい流れを18ホールつないでいけるようにしたいです」

「アウトコースが苦手。そのアウトでずーっとパーでいけたから、相性のいいインではきっとバーディが取れると思っていました」というたにひろえ。言葉通りインコースに入ってからは3バーディの素晴らしいゴルフ。しかし最後の最後、18番でボギーとしてしまった。惜しかった。
この那須小川では大学時代、何回もリーグ戦で闘ったことがある。「何百ラウンドもしているし、メダリストになったこともある」コースだ。ここは相性がいいんだ、と自信にもなっている。青山学院大卒。

石井真由実は「本戦では初めて」という69をマーク。今シーズン2回目の試合になる。「前半も後半も予選会はダメで、推薦の8試合だけしかないんです」
少ないチャンス。生かしきることができるか。石井も真由美を「実るようにという思いから」真由実に改名した。

関連リンク

1998年 那須小川レディスプロゴルフトーナメント




特集SPECIAL

HIGHLIGHT 大堀裕次郎
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。
これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!11月のマンスリーゲストには照山亜寿美プロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~